世界に類を見ない、独創のLMWテクノロジーが生んだ新機軸スポーツ・ナイケンに新たに加わったのがこのGT。快適装備を追加して、ツアラーとしての適性に磨きをかけた豪華グレードだ。
スタンダートに比べ、その魅力はどう変わったのか、早速試乗チェックしていこう。

「本来の姿」である最強のツーリングスポーツ

前2輪・後1輪のリバーストライク構造による安定性と、通常のオートバイと同じく車体をバンクさせて旋回するハンドリングを融合させたLMW(リーニング・マルチ・ホイール)テクノロジーで世界中に衝撃を与えたナイケン。

発売以来スポーツ性能を秘めたツーリングモデルとして高い評価を得ているが、新たに「ナイケンGT」が加わった。

画像: 最高出力:116PS/10000rpm 最大トルク:8.9㎏-m/8500rpm 価格:194万4000円

最高出力:116PS/10000rpm
最大トルク:8.9㎏-m/8500rpm
価格:194万4000円

スタンダードのナイケンとの違いは、専用のハイスクリーンとシート、グラブバーのほか、センタースタンド、グリップヒーター、追加の12V電源ソケットといった装備が与えられていること。

要はツーリング適性を高めるオプションパーツを標準装着した仕様で、カラーも専用となる2色が用意されている。

267㎏という車重だけに取り回しは重い。

画像1: 「本来の姿」である最強のツーリングスポーツ

さらにGTのシートはスタンダードより15㎜肉厚で足着き性も厳しくなっているが、前2輪が踏ん張るので安定性が高く、低速で段差を横断したときなどにバランスを崩しても倒れ込みにくい。

とはいえ、重さと併せて身長160㎝台のライダーだと停車時に緊張を強いられることは否めない。

いったん走り出せば車重は気にならないが、極低速域ではフロントまわりが重く、寝かし始めと直進状態に戻るときに少し粘る感触がある。

画像2: 「本来の姿」である最強のツーリングスポーツ

しかしこれに慣れるとUターンのような小旋回や滑りやすいダート路面での不安感が消える。これも前2輪のメリットだ。

ナイケンGTが最も輝くのは高速道路クルージング。

クルーズコントロールをセットしておけばハンドルには手を添えているだけでいいし、スタンダードより175㎜も高いスクリーンのウインドプロテクション効果、座り心地抜群のシート、前2輪の安定性が相乗効果を生み、「クルージング」と呼ぶに相応しい快適な移動空間、移動時間を過ごせる。

画像3: 「本来の姿」である最強のツーリングスポーツ

その車格と車重からワインディングでの運動性能に不安を覚える人もいるだろうが、アベレージはスポーツモデルと変わらず、凹凸のある路面、滑りやすい路面では前2輪が生む圧倒的な安定性、強力なブレーキ能力と旋回力にものを言わせ、恐る恐る走るしかないスポーツモデルを置き去りにするほどだ。

試乗車はオプションのトップケースを装着していたが、高速道路走行レベルでは重量や空気抵抗によるハンドリングへの悪影響は感じられない。

さらにサイドケースを追加すれば最強のツーリングモデルになるはず。これこそがナイケン本来の姿だと思う。

SPECIFICATION
全長×全幅×全高 2150×885×1425㎜
ホイールベース 1510㎜
最低地上高 150㎜
シート高 835㎜
車両重量 267㎏
エンジン形式 水冷4ストDOHC4バルブ並列3気筒
総排気量 845㏄
ボア×ストローク 78×59㎜
圧縮比 11.5
最高出力 116PS/10000rpm
最大トルク 8.9㎏-m/8500rpm
燃料供給方式 FI
燃料タンク容量 18L
キャスター角/トレール量 20°/74㎜
変速機形式 6速リターン
ブレーキ形式 前 ディスク
後 ディスク
タイヤサイズ 前 120/70R15
後 190/55R17

RIDING POSITION
身長:176㎝・体重:62㎏

画像1: RIDING POSITION 身長:176㎝・体重:62㎏

複雑なステアリング機構に干渉しないようハンドルをライダー側にオフセット。

画像2: RIDING POSITION 身長:176㎝・体重:62㎏

これによって上体はほぼ直立となり、15㎜アップのシートで下半身のリラックス度も高いが、引き換えに足着き性は犠牲になっている。

ステラの「タンデムCHECK!」

画像: ステラの「タンデムCHECK!」

タンデムしていても、やはりナイケンは特別。

タイヤが地面をとらえている感覚が、通常の2輪よりも明確に伝わってきます。

これはスタンダードのナイケンも同様なのですが、車体を大きくバンクさせて曲がるようなコーナーが連続した区間でも、まるで滑るようななめらかさで抜けていくので、後ろに座っていてもワクワクします。

今回の試乗車はトップボックス付きで、背もたれに心置きなく体を預けられ、非常に快適でした。

DETAILS

画像1: DETAILS

MT-09用の「CP3」エンジンは116PSを発揮。

ナイケンの263㎏という車体に見合ったファインチューニングが施されている。

画像2: DETAILS

反転表示液晶を使った大型デジタルメーターを採用。

3段階のグリップヒーター、3種類のD-MODE、2種類のTCSなども表示される。

画像3: DETAILS

ロングラン時の疲労度を軽減する、肉厚の専用シートを採用。

ホワイトのステッチが個性と高級感をアピールしている。

画像4: DETAILS

試乗車は純正アクセサリーのトップケース(39リットル)を装着。

パニアケースともども、ツアラーなら欲しくなるアイテムだ。

PHOTO:南 孝幸、赤松 孝 TEXT:太田安治、木川田ステラ、本誌編集部

公式サイト

最新モデルの試乗インプレはオートバイ9月号でご覧ください!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.