昭和は遠くなりにけり…だが、昭和生まれの国産スポーティカーは、日本だけでなく世界的にもブームとなっている。そんな昭和の名車たちを時系列で紹介していこう。今回は、昭和48年発売の日産 バイオレットだ。

510 譲りのしなやかな足が、ツインキャブの105psを支える

日産 バイオレットHT 1600SSS:昭和48年(1973年)1月発売

画像: パーソナルなムードを持つ2ドアハードトップ。1600SSSの最高速度はカタログ値で165km/hだった。

パーソナルなムードを持つ2ドアハードトップ。1600SSSの最高速度はカタログ値で165km/hだった。

バイオレットはブルーバードUの下に位置するハイグレードなポピュラーカーとして、昭和48年(1973年)1月に発売された。ブルーバードの抜けた穴を埋めるモデルとして開発され、型式名710を与えられている。

これを見てもわかるように、バイオレットはブルーバード一族の末っ子モデルといえる。ボディタイプは、2ドア/4ドアのセダンとパーソナルムードを持つ2ドアHT(ハードトップ)で構成されていた。1400〜1600ccまでに31のバリエーションを用意した選択肢の広さも売りのひとつとなっていた。

画像: 逆Rガラスのリアウインドーの採用で、トランクリッドへの流れをスムーズに見せていた。SSS系のリアサスはセミトレーリングアームとなる。

逆Rガラスのリアウインドーの採用で、トランクリッドへの流れをスムーズに見せていた。SSS系のリアサスはセミトレーリングアームとなる。

610型ブルーバードとB210型サニーの中間に位置するクルマとして登場したバイオレットは、ストリームラインと呼ばれるダイナミックなプレスラインが特徴的だった。スピード感のある近代的なスタイルはスポーティなクルマであることを強調するための演出であった。

セダンは個性的なセミファストバック、2ドアHTはアイラインウインドーにファストバックを組み合わせ、ストリームラインと名付けられたウエストラインをデザインのポイントとした。

ちなみにセダン系は後方視界が悪いと不評だったため、76年2月のマイナーチェンジを機に、オーソドックスなノッチバック・スタイルに改められている。

画像: SSSに搭載されたL16型直4エンジンは、SUツインキャブにより105ps/13.8kgmを発生。電子制御のインジェクション装着のL16E(115ps)はSSS-Eに載せられた。

SSSに搭載されたL16型直4エンジンは、SUツインキャブにより105ps/13.8kgmを発生。電子制御のインジェクション装着のL16E(115ps)はSSS-Eに載せられた。

エンジンは、ブルーバード510譲りのL型4気筒SOHCを積む。L14型エンジン(85ps)も設定されたが、主力となったのは1595ccのL16型4気筒SOHCだ。

シングルキャブ仕様(100ps)のほか、SUツインキャブ仕様(105ps)と電子制御燃料噴射EGI仕様も用意されている。

EGI仕様の1600SSS-Eは最高出力115ps/6200rpm、最大トルク14.6kgm/4400rpmを発生した。ポルシェタイプの5速マニュアルミッションを介しての最高速は170km/hだ。

画像: 丸型メーターが6つ並ぶダッシュボード。SSS系は3本スポークステアリングを装備し、5速MTは1速が左下にくるタイプ。

丸型メーターが6つ並ぶダッシュボード。SSS系は3本スポークステアリングを装備し、5速MTは1速が左下にくるタイプ。

SSS系はサスペンションも、前:ストラット/後:セミトレーリングアームと、510ブルーバードの形式を受け継いでいる。

サファリを制した510ブルーバードの流れをくむ710バイオレットだけに、ラリーでも大いに活躍した。74年11月にイギリスで開催されたRACラリーでは3台出走して全車完走。チーム優勝を果たした。

画像: サファリを制した510ブルーバードの流れをくむ710バイオレットは、ラリーでも大活躍した。

サファリを制した510ブルーバードの流れをくむ710バイオレットは、ラリーでも大活躍した。

バイオレットHT 1600SSS 主要諸元

●全長×全幅×全高:4120×1580×1375mm
●ホイールベース:2450mm
●重量:985kg
●エンジン型式・種類:L16型・直4 SOHC
●排気量:1595cc
●最高出力:105ps/6200rpm
●最大トルク:13.8kgm/4200rpm
●トランスミッション:5速MT
●タイヤサイズ:6.45S-13-4PR
●価格:79万円

昭和の名車のバックナンバー

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.