ハーレーダビッドソンの2015年フルラインアップが出揃った。注目はなんといっても、ロードグライドスペシャルとローライダーの“ザ・レジェンダリー”たちの復活。カタログ落ちしていた両機種だったが、いずれもスタイリングと装備内容を一新しての再デビューで、両雄にかけるH–D社の意気込みを感じるフルモデルチェンジとなっている!

各部を進化させつつ伝統のフォルムを継承

2015年は6機種ものブランニューモデルが登場し、ますます強力な布陣となっているが、まず注目したいのは「シャークノーズフェアリング」と呼ばれるフレームマウントのカウルを持つ「ロードグライド」と、ハーレーファンなら誰もが知る「ローライダー」の復活だろう。

いちど見たら忘れない、個性的な二眼マスクのロードグライドは、そのデュアルヘッドライトをLED化させたほか、大柄なフェアリングをシェイプアップし、スタイリングを一新。

メーターパネルに、オーディオシステムなどの機能を集約する6・5インチタッチパネル式ディスプレイを備えるなどし、「ロードグライドスペシャル」となってオールリニューアルを果たしている。

そして、ファンにとって待望だったニュー・ローライダーは、そのネーミングのとおり低く構えたロー&ロングな車体で日本に上陸。フロント19、リア17インチのキャストホイールを備え、H−Dの力強いロゴがペイントされた燃料タンクの上には、速度計とタコメーターを縦列2連装備。

前後シリンダーから伸びるエキゾーストパイプは右側のステップ下で集合し、そのまま1本の図太いマフラーとして太く後ろへ伸びている。

ヘッドライトの上にあるバイザーといい、レイク角を大きくとって深く寝かせたフロントフォークといい、その装備内容とフォルムは1977年に発売され、いまなお語り継がれる伝説のハーレー「FXSローライダー」そのもの。

キング・オブ・レジェンドのスタイリングを現代に蘇らせたのだ!

ほかにも、ウルトラ2機種に足つきを飛躍的に向上して、ポジションをコンパクト化した「ロー」が登場したほか、ストリートボブには「リミテッド」を追加。

さらにストリートグライドを6・5インチモニター搭載の「ストリートグライドスペシャル」へグレードアップするなど話題満載。

今回ではまず、ロードグライドとローライダーに注目しよう‼

2015 HARLEY-DAVIDSON NEW MODEL DEBUT

LOWRIDER[FXDL]

画像1: 2015 HARLEY-DAVIDSON NEW MODEL DEBUT

● 排気量:1584cc
● 最大トルク:11.83kg-m/3500rpm
● 価格:209万円(ビビッドブラック)/212万5000円(モノトーン) /216万円(ツートーン)

ROADGLIDE SPECIAL[FLTRXS]

画像2: 2015 HARLEY-DAVIDSON NEW MODEL DEBUT

● 排気量:1689cc
● 最大トルク:12.85kg-m/3497rpm
● 価格:299万5000円(ビビッドブラック)/303万4500円(モノトーン)

STREET BOB LIMITED[FXDBB]

画像3: 2015 HARLEY-DAVIDSON NEW MODEL DEBUT

● 排気量:1584cc
● 最大トルク:11.93kg-m/3000rpm
● 価格:189万円(ツートーン)

STREETGLIDE SPECIAL[FLHXS]

画像4: 2015 HARLEY-DAVIDSON NEW MODEL DEBUT

● 排気量:1689cc
● 最大トルク:12.85kg-m/3497rpm
● 価格:299万5000円(ビビッドブラック)/303万4500円(モノトーン)

ULTRA LIMITED LOW[FLHTKL TC]

画像5: 2015 HARLEY-DAVIDSON NEW MODEL DEBUT

● 排気量:1689cc
● 最大トルク:12.95kg-m/4000rpm
● 価格:373万5000円(ビビッドブラック)/モノトーン377万4500円 /ツートーン381万4000円

ELECTRA GLIDE ULTRA CLASSIC LOW[FLHTCU TC]

画像6: 2015 HARLEY-DAVIDSON NEW MODEL DEBUT

● 排気量:1689cc
● 最大トルク:12.95kg-m/4000rpm
● 価格:351万5000円(ビビッドブラック)/355万4500 (モノトーン)/359万4000円(ツートーン)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.