2019年7月29日、ダイハツ工業はムーブとキャスト、ミラトコットの軽自動車3モデルに特別仕様車を設定し、発売した。

人気の装備を多数装備した特別仕様車を3モデル

ダイハツのラインナップしている軽自動車、ムーブといえばハイト系のワゴンとして1995年にデビューして以来、その使い勝手の良さやスタイリングから長年軽自動車市場をけん引してきた1台といえる。現行モデルは2014年にデビューした6代目で、今回この「ムーブ X“SA III”」をベースにした特別仕様車「X“リミテッドII SAIII”」が設定された。本革ハンドル含むパッケージオプションのブラックインテリアパックや、LEDヘッドライトなどを特別装備している。車両価格(税込8%)は125万2800円~137万7000円となっている

さらにダイハツは、曲線を基調としたトールワゴンであるキャストと、そのクロスオーバーSUVのキャストアクティバにもそれぞれに特別仕様車「VSシリーズ」を設定。インテリアをスタイリッシュに演出するアクセントカラーや、運転をサポートする「パノラマモニター」、運転席シートヒーターなどを装備している。車両価格(税込8%)は137万7000円~161万4600円だ。

また丸と直線を基調にしたミラの派生モデル、ミラトコットにも特別仕様車「G“リミテッドSA III”」が設定された。フロントドアのUVカットガラスやクリーンエアフィルターなど、快適性を向上させる特別装備を多数用意している。「G“SA III」をベースとしたモデルで、車両価格(税込8%)は123万1200円~136万0800円となる。

実は今回の特別仕様は3モデル同時に発表・発売されたものだが、それぞれで特別装備が異なる内容だ。ベースグレードに対して特別装備を用意した「お買い得仕様」となっており、ユーザーのニーズに応えたモデルになっているようだ。

画像: ダイハツの軽自動車ムーブ、キャストのほか、このミラトコットにも特別仕様車が用意された。

ダイハツの軽自動車ムーブ、キャストのほか、このミラトコットにも特別仕様車が用意された。

ムーブ X“リミテッドII SA III”の特別装備

・LEDヘッドランプ(ロービーム・マニュアルレベリング機能付)
・ブラックインテリアパック-革巻ステアリングホイール(メッキオーナメント付)-メッキインナードアハンドル-ブラックインテリア
・純正ナビ装着用アップグレードパック

キャスト(スタイル・アクティバ)Gターボ“VS SA III”/G“VS SA III”の特別装備

・運転席/助手席シートヒーター
・ステアリングホイール(ウレタン(メッキオーナメント付))
・アクセントカラースタイル:バーガンディ、アクティバ:ボディカラー対応色
・パノラマモニター対応純正ナビ装着用アップグレードパック

ミラトコットG“リミテッド SA III” 特別装備

・UVカットガラス(フロントドア)
・ドアトリム(材着ブラック)
・インナードアハンドル(材着ブラック)
・エアコンレジスターノブ(材着ブラック)
・フロントパーソナルランプ(バルブ)
・クリーンエアフィルター
・14インチフルホイールキャップ

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.