2019年7月29日、ダイハツはペダルを踏み間違えた際などの急発進を抑制する後付け安全装置「つくつく防止」の搭載対象車を拡大して発売する。(タイトル写真は、左:初代ミラ イース、右:5代目ムーヴ)

5代目ムーヴと初代ミラ イースにも装着可能

現在乗っている車種にも後付けでソナーやセンサー、インジケーターなどを装着し、ペダルの踏み間違いなどによる事故の衝突被害を軽減することを目的に開発された装置が、ダイハツの「つくつく防止」だ。

画像: 「つくつく防止」の作動イメージイラスト

「つくつく防止」の作動イメージイラスト

ダイハツでは、2018年12月に2代目タントを対象に「つくつく防止」の発売を開始した。その後、4代目ムーヴや7代目ミラにも搭載が可能になり、今回は2010年12月〜2014年12月に販売された5代目ムーヴ(LA100/L110S)と、2011年9月〜2017年5月に販売された初代ミラ イース(LA300/310S)の2車種が対象として加わった。

画像: 5代目ムーヴ

5代目ムーヴ

今回の対象車種拡大で合計7車種8モデルが搭載対象となり、約970万台あるダイハツ車の現在の保有台数のうち、約半数の車両が予防安全機能の「スマートアシスト」搭載車か、後付け安全装置の対象車両となる。

画像: 初代ミラ イース

初代ミラ イース

ちなみに、後付け安全装置「つくつく防止」のメーカー希望小売価格(消費税8%込み)は3万4560円、標準取り付け費込みで5万9508円となる。この価格で、少しでも「安全・安心」が手に入るのだから、該当車種のオーナーには少しでも早い取り付けをオススメしたい。

画像: つくつく防止のイメージステッカー

つくつく防止のイメージステッカー

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.