ウィル・スミス主演の近未来アクションエンターテイメント最新作『ジェミニマン』が2019年10月25日(金)に日本公開。本作の最新技術を用いた撮影現場のメイキング映像が到着!最先端の3D技術によりスミスが自身の若かりし姿を演じたジュニアの出来上がるまでの工程も明らかに!

<誰も見たことの無い未知の映像体験>

『メン・イン・ブラック』シリーズや『アイ・アム・レジェンド』(07)、そして『アラジン』(2019)でのジーニー役も記憶に新しいトップスター、ウィル・スミスが主演を務め、監督には『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』(13)などで2度のアカデミー賞(R)監督賞受賞を誇る巨匠アン・リー、そして『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズや『アルマゲドン』(98)を手掛けたジェリー・ブラッカイマーが製作を務め、ハリウッドを代表するヒットメーカー3名が初タッグを組んだ
近未来アクションエンターテイメント最新作『ジェミニマン』。

画像: アン・リーとウィル・スミス

アン・リーとウィル・スミス

ウィルは現在の伝説的暗殺者ヘンリーと彼を殺すために送り込まれた20代のクローン、ジュニアの1人2役に挑み、2つの世代を演じ分け、なおかつ自分自身との激しいアクションにも挑戦!
自身のキャリアの中でも最もハードルの高い役柄とも語っていたウィルだが、「これまで俳優として培った経験のおかげで、2つの世代を演じ分けることができた。23歳の頃ではジュニアは演じることが出来なかった」とコメントし自信を伺わせ、トップスターとしてキャリアを重ねた現在のウィル・スミスだからこそ演じることができた若きウィル・スミスの姿には要注目!

製作のジェリー・ブラッカイマーは、ウィルを支えた最新技術について、「私たちが開発した技術は、アン・リー監督が長年求めていたもの。他のどの監督もやろうとしなかったことに挑戦している」と語り、監督のアン・リーも「この2人のウィル・スミスは誰も見たことのないものだ」と太鼓判!
難役に挑戦したウィル自身も、「テクノロジーのおかげで凄まじい映像が実現している。この作品は映画製作も映画の見方も変えてしまうものになるだろう」と豪語しており、ハリウッドを代表するトップメーカーたちとこれまで数々のオスカーに輝いたWETAデジタルが手掛けるVFX技術が融合し、<誰も見たことの無い未知の映像体験>がいよいよ世に放たれる!

画像: 『ジェミニマン』特別映像|2つの世代のウィル・スミス youtu.be

『ジェミニマン』特別映像|2つの世代のウィル・スミス

youtu.be

すでにウィルvsウィルのアクションを収めた予告編が解禁され、リアリティに溢れつつも現実を超越するほどの映像体験を世界が予感しており、今後さらなる新シーンの公開でますます大きな衝撃を見せつけてくれる期待の高まる特別映像だ。

配給:東和ピクチャーズ:© 2019 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.