ソニーは1型センサーを搭載するプレミアムコンパクトのデジタルカメラ、RX100 Ⅶを発表した。発売は2019年8月30日。価格はオープンで実売14万5000円(税別)。

RX100 Ⅶは1.0型積層型CMOSセンサーで有効画素数は2010万画素。新開発のイメージセンサーと最新の画像処理エンジンでα9並のスピードを実現したコンパクトデジタルカメラ。連写性能は毎秒60回の演算処理によるAF/AE追随性能で、20コマ/秒の連続撮影を実現。撮影中のEVF/液晶モニターへの表示更新を60回/秒の頻度で行い、タイムラグをを可能な限り抑制したブラックアウトフリー撮影も可能にしている。また1回のレリーズで90コマ/秒のスピードで7枚の静止画を撮影するワンショット連続撮影機能も搭載し、決定的な瞬間を逃さない。
AFはコントラストAFと像面位相差検出AFを併用するファストハイブリッドAFシステムで、コントラスト425点に加え、357点の像面位相差センサーとなり、検出精度を大幅に向上し、画面の68%の広い範囲をカバーする。また0.02秒と素早く動く被写体を瞬時に捉える高速AFや、従来のロックオンAFを一新し、AIを活用したリアルタイムトラッキングも新たに搭載している。さらにリアルタイム瞳AFも搭載し、右目、左目の選択も可能で、動物にも対応する。
レンズはRX100 Ⅵと同じくツァイスバリオ・ゾナーT*9-72mm(24-200mm相当)F2.8-4.5レンズ。光学式手ブレ補正機構も搭載し、補正効果は約4段。EVFはポップアップ式で約235万ドットの有機ELを採用する。背面の液晶モニターは3.0型約92万ドットで上方向に約180度、下方向に約90度のチルトが可能。
動画撮影機能ではリアルタイム瞳AF、リアルタイムトラッキング機能を搭載し、4K動画撮影時のアクティブモードでの手ブレ補正にも対応している。さらにカメラを縦にして撮影した縦位置情報記録にも対応し、スマートフォンなどに転送したあとでも縦のまま再生、編集ができる。

画像1: α9の遺伝子を継承する
ソニーRX100 Ⅶ
画像2: α9の遺伝子を継承する
ソニーRX100 Ⅶ
画像3: α9の遺伝子を継承する
ソニーRX100 Ⅶ

ソニー RX100 Ⅶ

●撮像素子:CMOSセンサー
●センサーサイズ:1.0型
●有効画素数:2010万画素
●レンズ:9-72mmF2.8-4.5(24-200mm相当)
●連続撮影速度:最高約20コマ/秒
●記録媒体:SD(SDHC/SDXC)メモリーカード、メモリースティックデュオ(PROデュオ/PRO-HGデュオ)
●ISO感度:ISO100-12800
●ファインダー:ポップアップ式電子ビューファインダー(約235万ドット)
●液晶モニター:3.0型TFT(約92万ドット)
●シャッター速度:B、30~1/2000秒(電子シャッターは30-1/32000秒)
●大きさ:101.6×58.1×42.8㎜
●重さ:302g(バッテリー、メモリーカード含む)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.