2019年7月24日、BMWジャパンは「M8」のオープンモデル「M8カブリオレ」を発表、全国のBMW正規ディーラーで販売を開始した。納車は12月以降を予定している。(タイトル写真はM8 カブリオレ コンペティション)

究極を求めたレーシングモデルに、優雅なラグジュアリーモデルの個性を演出

新型M8カブリオレは、本格的なサーキット走行が可能な「M8」をベースにした高性能オープンモデル。トップはファブリックを採用した多層式ソフトタイプで、閉めた時には段差のあるノッチドクーペスタイルとなり、ルーフを開けるとダイナミックなエクステリアと優雅なインテリアが美しく調和する。このソフトトップは時速50km以下であれば走行中でも15秒で開閉可能で、ルーフの開閉にかかわらず350Lのラゲッジルーム容量を備えている。

その走行性能、パフォーマンスは「M8」譲りのもので、BMW M独自のクロスバンク型ツインパワーターボテクノロジーを採用したV型8気筒エンジンは、M8 カブリオレで最高出力600ps、 よりアグレッシブなスポーツ走行を想定したM8 カブリオレ コンペティションでは625psを実現。コンペティションの0→100km/h加速は3.3秒と発表されている。

もちろん、インテリジェント4輪駆動システムM xDrive、Mインテグレーテッドブレーキシステム、新しい走行モード「M MODE」など、M8クーペと同様、最先端テクノロジーを搭載する。

車両価格(税込)は M8 カブリオレが2338万円、M8 カブリオレ コンペティションは2541万円。納車登録は10月以降となるため、消費税10%込みの価格。ハンドル位置は左右を同価格で設定する。

画像: 優雅なラグジュアリーさを備えながら究極の高性能を追求した、まさにフラッグシップモデルと言える存在。

優雅なラグジュアリーさを備えながら究極の高性能を追求した、まさにフラッグシップモデルと言える存在。

画像: M8 カブリオレで600ps、M8 カブリオレ コンペティションで625psを発揮する4.4LのV8ツインターボ。

M8 カブリオレで600ps、M8 カブリオレ コンペティションで625psを発揮する4.4LのV8ツインターボ。

画像: M8 カブリオレ コンペティションのインテリア。日本仕様は右ハンドルも選べる。

M8 カブリオレ コンペティションのインテリア。日本仕様は右ハンドルも選べる。

BMW M8 カブリオレ 主要諸元

3●全長×全幅×全高:4867×1907×1353mm
●ホイールベース:2827mm
●重量:2010kg
●エンジン:V8DOHCツインターボ
●排気量:4395cc
●最高出力:441kW(600ps)/6000rpm
●最大トルク:750Nm(76.5kgm)/1800-5600rpm
●トランスミッション:8速AT
●駆動方式:4WD
●車両価格(税込):2338万円

BMW M8 カブリオレ コンペティション 主要諸元

●全長×全幅×全高:4867×1907×1353mm
●ホイールベース:2827mm
●重量:2010kg
●エンジン:V8DOHCツインターボ
●排気量:4395cc
●最高出力:460kW(625ps)/6000rpm
●最大トルク:750Nm(76.5kgm)/1800-5860rpm
●トランスミッション:8速AT
●駆動方式:4WD
●車両価格(税込):2541万円

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.