2019年7月23日、横浜ゴムはSUVやピックアップトラック向けのタイヤGEOLANDAR X-AT(ジオランダー エックスエーティ)を発表。。ラインナップは10サイズを価格オープンとして、2019年9月に発売する。

左右でサイドウオールのデザインが違う、遊び心のあるSUV向けタイヤ

SUVやピックアップトラックなどに向けたタイヤとして、オフロードの走破性能を併せ持つ「GEOLANDAR(ジオランダー)」ブランドを横浜ゴムが展開している。このブランドに新たにGEOLANDAR X-ATを追加すると同社が発表した。

この新製品、オンロードでの快適性を持ちながら、オフロード走行やドレスアップを楽しむことのできるというもの。その性能は現在販売されているオールテレーンタイヤ「GEOLANDAR A/T G015」と、マッドテレーンタイヤ「GEOLANDAR M/T G003」の中間にあたり、プラスしてデザイン的特徴を持ち合わす。

画像: GEOLANDAR X-ATは2019年9月発売予定。

GEOLANDAR X-ATは2019年9月発売予定。

トレッド面はアグレッシブなブロックパターンとして、このデザインをサイドウォール上部までまわり込ませている。さらに両側のサイドウオールで異なる「デュアルサイドブロックデザイン」を採用することで、好みの面を外観として向けることができる。

オン・オフ走行性能を持つモデルとして選ぶだけでなく、高いデザイン性を持つタイヤとしても選択肢に入る新たなブランドである。サイズラインアップは下記10モデルで、すべてオープン価格。発売は2019年9月を予定しているという。

横浜ゴム GEOLANDAR X-AT(ジオランダー エックスエーティ) 発売サイズ

33×12.50R20 LT 114Q
35×12.50R20 LT 121Q
33×12.50R18 LT 118Q
LT285/65R18 125/122Q
35×12.50R17 LT 121Q
37×12.50R17 LT 124Q
LT265/70R17 121/118Q
LT285/70R17 121/118Q
LT295/70R17 121/118Q
LT265/75R16 123/120Q

画像: サイドウオールのデザインが両サイドで異なるデザインを持つGEOLANDAR X-AT。

サイドウオールのデザインが両サイドで異なるデザインを持つGEOLANDAR X-AT。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.