STIは、スバルのモータースポーツ活動の核としてのみならず、インプレッサなどをベースに多くのコンプリートカーを世に送り出している。そんなSTIのリアルスポーツ・コンプリートを紹介していこう。

ニュルの走りを反映しながら、日常ユースの乗りやすさも両立

400台限定! R205(2010年1月発表・発売)

画像: ラリーよりもレースからのフィードバックで生まれたR205。

ラリーよりもレースからのフィードバックで生まれたR205。

R205という車名の「R」には「ロードスポーツ」の意が込められ、全方位にレベルを高めたSシリーズとは違い、内外装よりも走りに重点を置きつつ、日常ユースでの乗り心地などにも配慮している。

画像: 専用のECUや吸排気系の変更、ボールベアリングツインスクロールターボなどの採用で基本性能の良さを引き出している。

専用のECUや吸排気系の変更、ボールベアリングツインスクロールターボなどの採用で基本性能の良さを引き出している。

ベースモデルは競技ユースのスペックCで、エンジンはほかの同時期のSTIモデル同様のチューン。足回りは定番メニューのほか、新たにフレキシブルドロースティフナーを採用し、ステアリングの応答性や路面追従性を高めている。

画像: オプションのレカロ製バケットタイプシートは、表皮素材がアルカンターラ/本革の組み合わせとなる。

オプションのレカロ製バケットタイプシートは、表皮素材がアルカンターラ/本革の組み合わせとなる。

STIでは、この前年からニュルブルクリンク24時間レースがWRCに代わってWRXでのワークス活動の主軸になった。

その参戦マシンのスピリットがR205に反映され、実際に空力パーツはレースで使われて性能検証された。開発時には、かなりニュルで走り込んでいる。

コスワース IMPREZA STI CS400

画像: R205とは直接の関係はないが、2010年5月にイギリスで限定75台で発売されたコスワース社とのコラボモデル。海外仕様のEJ25エンジンはコスワースの手により、専用ターボ、ピストン、コンロッドなどを採用して400psを発する。

R205とは直接の関係はないが、2010年5月にイギリスで限定75台で発売されたコスワース社とのコラボモデル。海外仕様のEJ25エンジンはコスワースの手により、専用ターボ、ピストン、コンロッドなどを採用して400psを発する。

R205 主要諸元

●全長×全幅×全高:4415×1795×1465mm
●ホイールベース:2625mm
●重量:1470kg
●エンジン型式・種類:EJ20・対向4 DOHCターボ
●排気量:1994cc
●最高出力:320ps/6400rpm
●最大トルク:44.0kgm/4400rpm
●燃料・タンク容量:プレミアム・60L
●トランスミッション:6速MT
●サスペンション前/後:ストラット/ダブルウイッシュボーン
●ブレーキ前/後:Vディスク/Vディスク
●タイヤサイズ:245/40R18
●価格:473万5500円

STIコンプリート図鑑のバックナンバー

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.