これまでいくつものスパイダーマン映画が公開されてきたけれど、スパイディー=ピーター・パーカーが付き合ってきた恋人がMJ だったり、グウェンだったり、オリジナルではどうなっているの? ということでピーターと女性キャラたちの関係を原作コミック版と映画版で比べてみよう!(文・紀平照幸/デジタル編集・スクリーン編集部)

スパイダーマン最愛の女性
MJ

スパイダーマン=ピーター・パーカーのガールフレンドとして、まず最初に名前が挙がるのが〝MJ〞ことメリー・ジェーン・ワトソンだろう。ピーターの同級生にして憧れの人。卒業後は女優の道を歩み、やがては彼と結婚することになる。コミックでは赤毛で描かれることが多い。実は家庭的にはかなり不幸な生い立ちで、両親は父親の家庭内暴力が原因で離婚していて、姉がいるもののやはり夫に棄てられて彼女のもとに転がり込んできたりして、常にトラブルを抱えているのだが、映画ではそこまで深く踏み込んではいない。

画像: キルステン・ダンストが演じたMJ(「スパイダーマン」より)とスパイダーマンの雨の中のラブシーン

キルステン・ダンストが演じたMJ(「スパイダーマン」より)とスパイダーマンの雨の中のラブシーン

トビー・マッガイア版の三部作でキルステン・ダンストが演じたMJは比較的原作に忠実で、ピーターの幼なじみとして登場。やはり女優志願で、ブロードウェイ・デビューも果たしている。恋多き女性で、様々な男性との交際の後にピーターと付き合うというのもコミック版に準拠。映画でもハリー・オズボーンとデートしたり(「スパイダーマン」)、ジョン・ジェイムソン(ピーターの仕事相手デイリー・ビューグル紙の編集長J・ジョナ・ジェイムソンの息子)と婚約したりした(「スパイダーマン2」)後に、最終的にピーターを選んでいる。

画像: ピーターの親友ハリーとも仲が良いMJ(「スパイダーマン3」より)

ピーターの親友ハリーとも仲が良いMJ(「スパイダーマン3」より)

アンドリュー・ガーフィールド版の「アメイジング・スパイダーマン」シリーズにMJは未登場。しかし3作目以降が作られれば出ることになっていて、「ダイバージェント」のシャイリーン・ウッドリーがMJ役に選ばれ、実際に「アメイジング・スパイダーマン2」の撮影にも参加していたが、長すぎる(完成版は2時間22分もある)こととピーターとグウェンの関係にドラマを絞った方がいいという理由から、彼女の出演場面はカットされてしまった。

画像: 一時は他の男性と婚約してしまったMJ(「スパイダーマン2」より)

一時は他の男性と婚約してしまったMJ(「スパイダーマン2」より)

なおアニメの「スパイダーマン:スパイダーバース」の中では、マイルス・モラレスの世界でも、ピーター・B・パーカーの世界でも、ピーターとMJは結婚していた(中年ピーターは離婚されていたけれど…)。

トム・ホランド版の〝MJ〞はメリー・ジェーンではなく〝ミシェル・ジョーンズ〞の略。ゼンデイヤが演じるMJは容貌も性格も今までのMJとはまったく変えられているため、違う世界の物語として楽しめるようになっているのだ。だから、この先二人がどうなっていくのかはわからない?

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.