1991年~1995年にかけて、ユニークな活動を行っていたのがM2。「第2のマツダ」を意味するマツダ直系のユニークな商品企画会社だ。市販されたのはロードスターが3台、AZ-1が1台だったが、今回は同社が初めて手掛けたコンプリートカー「M2 1001」を紹介しよう。
画像: 男の拘りと憧れを実現した1001。大型スポイラーの装着で全長はノーマル比+10mm。

男の拘りと憧れを実現した1001。大型スポイラーの装着で全長はノーマル比+10mm。

マツダの別注工房が手掛けた拘りのクラブマンレーサー

エンスー風味満点に仕上がられたM2初のンプリートカーが1001。可愛らしいNAロードスターが、ここまでレーシーに変身、しかも300台の台数限定で発売されたのだから人気とならないわけがない。発売告知後、およそ7倍の応募があったというのも納得の出来映えだった。

その拘りの一端を思い出してみた。まずはエンジン。排気量はそのまま、ハイカム、ハイコンプピストンなどで圧縮比を10.67にアップ。ポート研磨も施され、最高出力は130psに、最大トルクも15.1kgmまで高められた。専用エキマニ、軽量フライホイール、もちろんECUも専用で吹け上がりと太ったトルクでノーマルのB6とはひと味もふた味も違うチューンドエンジンに仕上げられていた。

足回りも1001スペシャル。スプリングレートを20%アップして車高は約10mmダウン。ショックもSHOWA製の別注品を採用していたほか、専用スタビライザーやブッシュなどにも強化タイプが採用されていた。機械式LSDによってアクセルワークで挙動をコントロールする愉しみも倍増している(当時、ノーマルはビスカス式だった)。

とにかく全身くまなく手を入れられた拘りの一台。いまなお、伝説の一台として語り継がれている。

あの限定車は凄かったのバックナンバー

画像: アルミ製の本格ロールバー、同ドアミラーなど、手作業で仕上げられたパーツが惜しみなく搭載された。

アルミ製の本格ロールバー、同ドアミラーなど、手作業で仕上げられたパーツが惜しみなく搭載された。

M2 1001の主な専用装備

・専用チューニングエンジン
・専用チューニングサスペンション
・フロントバンパー&リアスポイラー
・アルミ製ロールバー
・アルミ製ドアミラー
・アルミ製フューエルリッド
・MOMO製ステアリング
・専用フルバケットシート
・タワーバー
・機械式LSD
・15インチアルミホイール(パナスポーツ・プロラリー)

M2 1001 主要諸元

●ボディサイズ:全長3980×全幅1675×全高1225mm
●車両重量:960kg 
●乗車定員:2名 
●エンジン型式・形式:B6-ZE改・直4DOHC
●エンジン総排気量:1597cc 
●エンジン最高出力:130ps/6500rpm 
●エンジン最大トルク:15.1kgm/5500rpm 
●駆動方式:FR 
●サスペンション形式:前後ダブルウイッシュボーン 
●ブレーキ形式:前Vディスク・後ディスク
●タイヤサイズ:195/50R15

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.