ディズニー/ピクサー作品は、“イースター・エッグ”と呼ばれる遊び感覚の面白ネタが満載。「トイ・ストーリー4」にも50個以上のネタが仕掛けられているらしいが、今回はその一部をご紹介しよう。(文・横森文/デジタル編集・スクリーン編集部)

今回とにかく多いのは、まずはアンティーク・ショップ!

オモチャたちの秘密酒場のようなところで、ボーとウッディらを出迎えるのがピクサーの短編で「トイ・ストーリー」の原点になったと言われる「ティン・トイ」のティニー。実はこの出迎えのシーンでは、「スター・ウォーズ」のオビ=ワン・ケノービの人形(ケナー社製っぽい)と4作目でカンティーナで腕を切られる異星人の人形が、その腕を切られるシーンを再現している。

ギャビー・ギャビーが様子を見守る高級皿などが入ったガラスの棚には、「メリダとおそろしの森」のメリダの家の紋章のついたお皿が並んでいる。また他には「カールじいさんの空飛ぶ家」のカールじいさんが使っていた先が4つに分かれた杖や、カールじいさんと行動を共にした犬ダグが他の犬たちとトランプを楽しむ絵、「ウォーリー」のウォーリーのイラストがついたコップ、「バグズ・ライフ」で登場したケイシー・ジュニア・クッキーの箱などアンティーク・ショップはピクサー好きにはヨダレものの宝物だらけだ。

もうひとつ注目は移動遊園地

遊園地を引き画で見たシーンでは建物に「レッズ・ドリーム」のピエロの画が付いていたり、2020年公開の新作『オンワード』に登場するドラゴンの姿などもチラリと登場。

画像: 射的の景品の中にはディズニー/ピクサー作品のグッズが⁉

射的の景品の中にはディズニー/ピクサー作品のグッズが⁉

さらにダッキー&バニーが吊り下げられていた射的の景品も見逃せない。「リメンバー・ミー」の主人公ミゲルが持っていたギターが景品として飾ってあったり、「トイ・ストーリー3」でロッツォ・ハグベアがラストにトラックの前方にくくりつけられた時、その横にいたカエルも景品の中にいるから見逃さずに。景品のロケットのマークがルクソー・ボールだったりするのにも注目だ。

またスカンクを模した車に乗ってボーが登場するが、その車を動かしていたバッテリーには「ウォーリー」で登場した会社“BNL”の製品。またボーの愛羊たちが持ってくるのが「カールじいさんの空飛ぶ家」で登場するグレープソーダの王冠だ。

必ず登場するピクサー作品おなじみのイースター・エッグAー113(カリフォルニア芸術大学の教室番号。この大学を卒業したアニメーターが使う)は車のナンバープレートとして登場。またピザ・プラネットの車は、なんと射的を運営しているお兄さんのタトゥーとして登場。トイレから出てきた後の彼の左足の裏側によーく注目して!!

©2019 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

トリビアざくざく!「トイ・ストーリー4」の疑問を監督に直撃

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.