こんにちは、Webオートバイ編集部の山口です。通勤は、バイク通勤が可能な環境で、毎日雨だろうが台風だろうがバイクに乗りつつ、週末にはツーリングやキャンプでコンスタントに500km前後ほど走行する日々を送っています。なので、バイクの消耗が激しい……。古いバイクを乗り継いでいるので(というか、手放せず増車に次ぐ増車ですが……)、キャブレターなんかの内部部品も消耗し過ぎで戦々恐々としております。

もっとこ〜、どっしり安定した許容感というか、タフネスさというか、「わしゃビクともせんゾ!」感に溢れたバイクに乗りたい、といつの頃からか思う様になっておりました。

そんな折、私的にノーマークだったバイクを改めて眺める機会があり、触れてみると「コレだ!」と感電したかの様な衝撃が全身を巡りました。それは、モデルの葉月美優さんが所有するGSR250でした。しばらく、GSR250を探していると、ヒョンなことが立て続くものですね、GSR250を友人から譲って頂くことになったのです! ステップアップの為の乗り換えだそうですが、「わかってないな〜」と密かに思いつつ、ありがたさを噛み締めニヤニヤが止まりません。

画像1: もっとこ〜、どっしり安定した許容感というか、タフネスさというか、「わしゃビクともせんゾ!」感に溢れたバイクに乗りたい、といつの頃からか思う様になっておりました。

GSR250は、隼の1300ccエンジンを搭載するB-KINGをイメージリーダーとする派生モデルで、600cc、400cc、そして250ccと展開したGSRシリーズの末弟にあたるモデルとなっていた。現在全てのモデルは生産終了し、Webカタログにギリギリ250だけ名を連ねるといった状況となっている。

ちなみに、250ccのGSRは、フルカウルやハーフカウルを装備したモデルもラインナップし、オールマイティーな素性をフル活用し3モデル展開しております。で、私のGSRはというと、オーソドックスなネイキッド仕様のGSR250。希望小売価格が50万円を切るという、リーズナブル大将であります。

リーズナブルとはいえ、GSRシリーズの名を汚さない造り込みは天晴です! B-KING譲りのヘッドライトマスクはシリーズ共通の存在感を示し、ボディ一体化のシェラウドにはフロントウインカーをビルドイン、マッスルボディの演出に一役買う。そして、グラマラスなボディフィニッシュは、ボリュームをもたせたテールカウルがSFマシン感を強調するといった具合。

画像2: もっとこ〜、どっしり安定した許容感というか、タフネスさというか、「わしゃビクともせんゾ!」感に溢れたバイクに乗りたい、といつの頃からか思う様になっておりました。

走行性能は、バイオレンスで尖ったキャラクターと対照的な、穏やかでマイルドなキャラクターとなっている。走行インプレは追々で。

GSR250が手元に来て早々に着手したのがタイヤ。コチコチに硬化していたタイヤから、街乗り&高速移動&ツーリングといった使用用途にフィットした、するであろうIRCタイヤ:PRO TECH RX-02に交換。コチラのインプレも後ほど。そして、ハンドル上の軽量化の為に軽くて安い! タナックスのラジカルミラー(税込価格=1,836円)に交換。走行抵抗とかのフィーリングが好みなのです、ドン・キホーテで購入(店舗によるでしょうが)出来るのも嬉しい。

画像: 走行性能は、バイオレンスで尖ったキャラクターと対照的な、穏やかでマイルドなキャラクターとなっている。走行インプレは追々で。

今回、追加パーツでピックアップするのは、MOTO FIZZ製プレートフック2(税込価格=1,404円)。取り付け簡単な「カユい所にあったら嬉しい」荷掛けフックです。

画像1: 今回、追加パーツでピックアップするのは、MOTO FIZZ製プレートフック2(税込価格=1,404円)。取り付け簡単な「カユい所にあったら嬉しい」荷掛けフックです。

GSR250は、昨今流行のショートテールモデルとは異なり、デップリと肉厚なタンデムシートに大きなグラブバーを備え、さらに若干ではあるもののテールカウル上面に空きスペースが存在する、積載に期待大仕様となっている。

画像2: 今回、追加パーツでピックアップするのは、MOTO FIZZ製プレートフック2(税込価格=1,404円)。取り付け簡単な「カユい所にあったら嬉しい」荷掛けフックです。

グラブバーの根元にちゃんと荷掛けフックがあるのですが、タンデム時の事を考えるとバンジーコードはウインカーステーを利用している事が常となっておりました。あまりよろしくないと思いつつ……。

画像3: 今回、追加パーツでピックアップするのは、MOTO FIZZ製プレートフック2(税込価格=1,404円)。取り付け簡単な「カユい所にあったら嬉しい」荷掛けフックです。
画像4: 今回、追加パーツでピックアップするのは、MOTO FIZZ製プレートフック2(税込価格=1,404円)。取り付け簡単な「カユい所にあったら嬉しい」荷掛けフックです。

取り付けは簡単! ナンバープレートホルダーとナンバーの間に挟み込むだけでOK! ヒョッコリ、「ここゾ!」というポイントに荷掛けが出現するといった塩梅。

画像: 取り付けは簡単! ナンバープレートホルダーとナンバーの間に挟み込むだけでOK! ヒョッコリ、「ここゾ!」というポイントに荷掛けが出現するといった塩梅。

タンデム時を考慮したカッパ袋をラッシングしてみると、しっかりタンデムシートスペースを確保しつつテールランプを隠さない、そんな無駄のない積載が実現できました! 

そんなこんなな、GSR250と共に過ごす日々と、素敵な魅力の数々、さらに周辺アイテム事情等々これからも不定期ながら綴って参りたいと思います。今後とも、よろしくお願いしま〜す。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.