2019年7月18日、マツダはコンパクトカーデミオの車名を「MAZDA2」に変更し、さらにデザイン変更をともなう一部改良の内容も公開。発売は2019年9月12日で、車両価格は154万4400円〜261万9000円となる。

足まわりやシートなど、快適性を高める一部改良も

マツダは2019年に入って、国内市場で使用されているカタカナ車名を、海外市場での数字ベースの車名に変更している。最初はアクセラを5月のフルモデルチェンジに合わせて「MAZDA 3」に、続いて7月にアテンザを年次改良に合わせて「MAZDA 6」に変更してきた。そして2019年7月18日、デミオを「MAZDA 2」に変更して9月12日に発売すると発表した。

また、車名変更と同時に商品の一部改良も行う。その内容はエクステリアデザインの変更や足まわりの改良など多岐にわたり、大幅改良と言ってもいいものだ。

画像: MAZDA2への車名変更と同時に、デザイン変更をともなうマイナーチェンジも。

MAZDA2への車名変更と同時に、デザイン変更をともなうマイナーチェンジも。

フロントマスクでは、マツダのデザインアイコンにもなっているグリル下部から左右ヘッドライトに伸びるライン「シグネチャーウイング」を、ヘッドライトの外側まで伸ばしてボディのワイド感を演出。これにともなってヘッドライトユニットの形状を上下薄くすることで、精悍さを増しているように見える。また、フロントグリルも全グレードでメッシュ素材に変更されている。

リアにまわると、エンブレムはもちろんだがテールランプユニットデザインを変更されている。また、バンパーの形状変更とともに、黒のプラスチック素材面積を減らしてボディ同色の面積を増やすことで上質感を感じられるものになっている。

新構造のフロントシートや快適性の増した新サスペンション&ダンパー、車内静粛性を高める制振材の追加、新開発タイヤ採用など、乗員の快適度を高めるようなさまざまな改良が施されているのも注目ポイントだ。

このほかにも、アダプティブクルーズコントロール(ACC)やレーンキープアシストなどを含む先進安全運転支援システム、自動防眩ルームミラー、運転席シートメモリー機能付6Wayパワーシートなどをグレードによって標準装備/オプション設定されている。

9月の発売までまだ時間があるものの、すでにマツダのホームページは「MAZDA 2」に更新されており、さらに予約受付も2019年7月18日からはじまっている。マツダのCIは着実に進展しているようだ。

画像: このマイナーチェンジでエクステリアデザインは上質感を増しているように感じる。

このマイナーチェンジでエクステリアデザインは上質感を増しているように感じる。

MAZDA 2 車両価格

■1.5L 直4ガソリンエンジン搭載モデル
15S(FF/6速AT)154万4400円
15S(FF/6速MT)154万4400円
15S(4WD/6速AT)174万9600円
15S PROACTIVE(FF/6速AT)166万3200円
15S PROACTIVE(FF/6速MT)166万3200円
15S PROACTIVE(4WD/6速AT)186万8400円
15S PROACTIVE S Package(FF/6速AT)186万8400円
15S PROACTIVE S Package(FF/6速MT)186万8400円
15S PROACTIVE S Package(4WD/6速AT)207万3600円
15S L Package(FF/6速AT)205万2000円
15S L Package(FF/6速MT)205万2000円
15S L Package(4WD/6速AT)225万7200円
15MB(FF/6速MT)162万円
■1.5L 直4ディーゼルエンジン搭載モデル
XD PROACTIVE(FF/6速AT)195万4800円
XD PROACTIVE(FF/6速MT)195万4800円
XD PROACTIVE(4WD/6速AT)216万円
XD PROACTIVE S Package(FF/6速AT)211万6800円
XD PROACTIVE S Package(FF/6速MT)211万6800円
XD PROACTIVE S Package(4WD/6速AT)232万2000円
XD L Package(FF/6速AT)241万3800円
XD L Package(FF/6速MT)241万3800円
XD L Package(4WD/6速AT)261万9000円

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.