富士フイルムは、35mm判の約1.7倍となるラージフォーマットセンサー搭載のGFXシリーズ用交換レンズのフジノンレンズ GF50mmF3.5 R LM WRを発表した。GFX100との組み合わせでは、GFX100に搭載した1億200万画素のイメージセンサーの性能をフルに引き出し、世界最高峰の写真画質を可能にする。発売は2019年9月下旬。価格は13万8500円(税別)。

GF50mmF3.5 R LM WRは、GFレンズの10本目のレンズで、焦点距離50mm(35mm判換算40mm相当)の単焦点レンズ。全長48mm、重量は335gと軽量コンパクトな設計により、GFX 50Rとの組み合わせで1,110gと世界最軽量のラージフォーマットミラーレスシステムを実現。ラージフォーマットカメラを気軽に持ち歩いて撮影することができ、スナップ撮影や風景撮影などに最適という。
レンズ構成は6群9枚で非球面レンズ1枚を採用し、球面収差やディストーションを徹底的に抑制することで、圧倒的な解像力と豊かな階調を実現している。さらにリニアモーター駆動による高速・静音なAFで、高い機動力を発揮する。各部にはシーリングが施され、防塵・防滴・マイナス10℃の耐低温構造を実現し、小雨や埃が舞うアウトドアの環境下でも安心して撮影できるなど、プロ写真家が用いる撮影機材として高い信頼性も備えている。

画像: GFX 50Rに装着したGF50mmF3.5 R LM WR

GFX 50Rに装着したGF50mmF3.5 R LM WR

フジノンレンズ GF50mmF3.5 R LM WR

●焦点距離:50mm(35mm判換算で40mm相当)
●レンズ構成:6群9枚(非球面レンズ1枚)
●マウント:FUJIFILM Gマウント
●最小絞り:F32
●絞り羽根枚数:9枚(円形絞り)
●最短撮影距離:55cm
●最大撮影倍率:0.1倍
●画角:57.4°
●フィルター径:ø62mm
●大きさ:φ84×48mm
●重さ:約335g

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.