富士フイルムは、Xシリーズ用交換レンズ「フジノンレンズ XF16-80mmF4 R OIS WR」を発表した。幅広い領域を1本でカバーする、新スタンダードとなるズームレンズ。発売は2019年9月下旬予定。価格は10万5000円(税別)。

このXF16-80mmF4 R OIS WRは、広角16mmから中望遠80mm(35mm判換算で24-122mm相当)の光学5倍のズームレンズ。ズーム全域で開放F値4の明るさを実現している。
レンズ構成は12群16枚で非球面レンズ3枚、ED非球面レンズ1枚を採用している。画像中心部から周辺部まで高い解像性能を発揮し、約6.0段分の補正効果のある手ブレ補正機能を搭載し、手持ちによる夜景撮影や室内での撮影でも、X-Trans CMOSセンサーの性能を余すことなく引き出せるという。
重さは440gと軽量のため、X-T3およびX-T30との組み合わせでも、それぞれ979g、823gと軽量であるため、気軽に持ち歩いて撮影することができる。さらに、最短撮影距離はズーム全域で35cm、最大撮影倍率0.25倍を実現、被写体をクローズアップした写真撮影も可能。また、インナーフォーカス方式の採用と、ステッピングモーターによるフォーカスレンズの駆動により、高速化で静かなAFとなっている。

画像: X-T3に装着したXF16-80mmF4 R OIS WR

X-T3に装着したXF16-80mmF4 R OIS WR

フジノンレンズ XF16-80mmF4 R OIS WR

●焦点距離:16-80mm(35mm判換算で24-122mm相当)
●レンズ構成:12群16枚(非球面レンズ3枚、ED非球面レンズ1枚)
●マウント:FUJIFILM Xマウント
●最小絞り:F22
●絞り羽根枚数:9枚(円形絞り)
●最短撮影距離:35cm(ズーム全域)
●最大撮影倍率:0.25倍(テレ端)
●画角:83.2°-20.1°
●フィルター径:φ72mm
●大きさ:φ78.3×88.9mm
●重さ:約440g

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.