2019年7月18日、ホンダ N-WGNとN-WGNカスタムが2代目にフルモデルチェンジされた。そのディテールを事前撮影会の写真で見ていこう。(写真:安西英樹)

人気モデルのN-BOXをベースに、使い勝手を高めて装備も充実

新型も従来型と同じく、標準モデルのN-WGNとカスタム系のN-WGNカスタムが設定される。基本ボディは同じながら、丸型のLEDヘッドライトが特徴的なN-WGNと角型ヘッドライト&メッキグリルが特徴的なN-WGNカスタムでは、表情がうまく差別化されている。

サイズの限られた軽自動車ながら室内は十分に広い。ラゲッジスペースにはボードを標準装備し、荷室を上下2分割したり、倒したシートバックとほぼフラットな空間を生み出せるなど、使い勝手はかなり高い。

エンジンは、自然吸気仕様とターボ仕様を設定。駆動方式はFFに4WDもあり、組み合わされるミッションはCVTのみ。

全タイプに最新のホンダセンシングを装備するなど、安全&快適装備とも軽自動車とは思えないほど充実している。

N-WGN G(N-WGNカスタム Lターボ) 主要諸元

●全長×全幅×全高:3395×1475×1675mm(全高1705、他は同じ)
●ホイールベース:2520mm
●重量:850kg(870)
●エンジン種類:直3 DOHC(DOHCターボ)
●排気量:658cc
●最高出力:43kW<58ps>/7300rpm(47<64>/6000)
●最大トルク:65Nm<6.5kgm>/4800rpm(104<10.6>/2600)
●WLTCモード燃費:23.2km/L(21.2)
●トランスミッション:CVT
●タイヤ:155/65R14(165/55R15)
●税込車両価格:127万4400円(166万3200円)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.