2019年7月17日、アウディジャパンはコンパクトSUVであるQ2の30TFSIスポーツをベースとする台数限定車「Q2 #passion」と「Q2 #black elegance」を発売した。車両価格は446万円〜462万円。

どちらも情熱的で魅力たっぷり

アウディの新たなコンパクトSUVとして日本で2017年にデビューしたQ2は、従来のアウディモデルとは一線を画すキャラクターを与えられている。

このブランニューモデルも同ブランドのデザインアイコンにもなっているシングルフレームグリルを採用するが、その形状は8角形と従来モデルの6角形とは異なる。そのほかにも、Cピラーにはボディ色とは異なるカラーを配色するなど若々しく、そして個性的なルックスを持つ。

ボディサイズは全長4200×全幅1795×全高1530mmと取り回しやすく、エンジンも1L 直3ターボと1.4L 直4ターボを揃え、コンパクト化が図られている。そして2019年7月17日、このQ2に台数限定モデル「Q2 30TFSI スポーツ #passion」と「Q2 30TFSI スポーツ #black elegance」のふたつが発売された。

どちらも116ps/200Nmを発生する1L 直3ターボ+7速DCTを搭載し、前輪を駆動するQ2 30TFSI スポーツをベースとしている。車両価格は#passionで462万円(300台限定)、#black eleganceで446万円(150台限定)となっている。

画像: Q2 #passionの情熱的なインテリア。随所に赤を配色する。

Q2 #passionの情熱的なインテリア。随所に赤を配色する。

#passionのボディカラーはタンゴレッドやミトスブラック、ナノグレー、グレイシアホワイトの中から選べるが、グリルや前後バンパーなどのボディ各所に黒のパーツを装着されている。ホイールはアウディスポーツの19インチアルミホイールだ。もっとも大きな違いはQ2のデザインアイコンにもなっているCピラーをボディ同色にしていることだ。

また内装においては、スポーツシートの座面とシートバック、デコラティブパネルなどに「赤」を大胆に配色することで、モデル名に恥じない情熱的な印象となっている。機能面でもナビゲーションパッケージやアシスタンスパッケージ(アクティブレーンアシストやハイビームアシストなどを含む)、オートマチックテールゲート、バーチャルコックピットを追加装備している。

一方の#black eleganceは少し落ち着いた印象。グロスブラックのスポーティな10本スポークの19インチアルミホイールを装着し、さらにCピラーのブレード色はマットチタングレーとなっている。内装も#passionとは異なり黒を基調として、モデル名のとおり上品さや優雅さを演出する。

ちなみにナビゲーションやアシスタンスパッケージなどの追加機能、そしてボディカラーも#passionと共通となっている。

画像: 上品で優雅な印象の#black elegance。インテリアも黒を基調とする。

上品で優雅な印象の#black elegance。インテリアも黒を基調とする。

アウディ Q2 限定車 車両価格(税込8%)

#passion(1L 直3ターボ+7速DCT/FF/右ハンドル):462万円
#black elegance(1L 直3ターボ+7速DCT/FF/右ハンドル):446万円

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.