人類史上最大の挑戦と呼ばれる前人未踏のクライミングを捉えたドキュメンタリー映画『フリーソロ』が2019年9月6日(金)より全国公開。このたびその迫力の一端を映し出した予告編が解禁された。
画像: 9.6公開『フリーソロ』本予告 youtu.be

9.6公開『フリーソロ』本予告

youtu.be
画像1: 息をのまずにいられない!“人類史上未踏”のクライミング映像が公開
画像2: 息をのまずにいられない!“人類史上未踏”のクライミング映像が公開
画像3: 息をのまずにいられない!“人類史上未踏”のクライミング映像が公開

ロープや安全装置を一切使わず、失敗=死を意味する挑戦

本作は、全世界を興奮と熱狂の渦に巻き込み、本年度アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞受賞をはじめ、2018トロント国際映画祭観客賞、2019英国アカデミー賞を受賞(共にドキュメンタリー部門)など、世界で45賞ノミネート、20賞受賞の快挙を成し遂げた話題のドキュメンタリー映画。

ナショナル ジオグラフィック ドキュメンタリー フィルムズ製作による本作は、稀代のクライマー、アレックス・オノルドによるカリフォルニア州のヨセミテ国立公園にそびえる巨岩エル・キャピタンにフリーソロで挑む一部始終を臨場感溢れるカメラワークで捉えている。

監督は2015年の山岳ドキュメンタリー『MERU/メルー』で絶賛を博したエリザベス・チャイ・ヴァサルヘリィ、ジミー・チンのコンビで贈る。

このたび解禁された本予告は、975メートルもの高さがある世界屈指の巨岩にしてクライミングの聖地エル・キャピタンを前に「絶対やる」と迷いなくコメントするオノルドの姿から始まる。

ロープや安全装置を一切使わず、素手のみでそこを登り切った者はいまだかつておらず、失敗=死を意味する挑戦だ。

その後、そんな彼の身を案じ「何かあったら…」と大粒の涙を流す恋人サンニや、「滑落する彼を想像して、撮るべきか葛藤している」と語るジミー・チン監督が映し出される。

本作がただクライミングを記録した映画というだけでなく、オノルドと同様に”死“を意識せざるを得なかった周りの人間たちとのドラマが詰まっていることが想像できる映像となっている。

冒頭から目を疑うような光景が続出し、誰もが手に汗を握り、息をのまずにいられない驚異の挑戦、その全貌が間もなく明らかになる。

作品情報はこちらでもチェック!

フリーソロ
2019年9月6日(金)より新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国公開
配給:アルバトロス・フィルム
© 2018 NationalGeographic Partners, LLC. All rights reserved.

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.