ライカカメラ社はレンズ一体型のコンパクトデジタルカメラ、ライカV-LUX 5を発売する。価格は18万9000円(税込)で、発売は2019年7月下旬予定。

ライカ V-LUX 5は、高性能なズームレンズ「ライカ DCバリオ・エルマリート f2.8-4.0/9.1-146mm ASPH.(35mm判換算25~400mm相当)」と新開発の有効2010万画素1インチMOSセンサーを搭載し、優れた描写力を発揮する。また、明るくクリアな有機EL電子ビューファインダーとバリアングル式のタッチパネル液晶モニターを搭載している。

画像1: 光学16倍ズーム搭載のコンパクトデジタルカメラ
ライカ V-LUX 5
画像2: 光学16倍ズーム搭載のコンパクトデジタルカメラ
ライカ V-LUX 5
画像3: 光学16倍ズーム搭載のコンパクトデジタルカメラ
ライカ V-LUX 5

レンズ構成は11群15枚(非球面レンズ5枚)で、最短撮影距離はW端で30cm、テレ端で1m。マクロモード時はワイド端3cm、テレ端1m。光学式手ブレ補正機構も備える。オートフォーカス機能は、約0.1秒という高速性能を実現し、最大12コマ/秒での高速連写も可能。

画像4: 光学16倍ズーム搭載のコンパクトデジタルカメラ
ライカ V-LUX 5
画像5: 光学16倍ズーム搭載のコンパクトデジタルカメラ
ライカ V-LUX 5

便利な撮影機能として、「フォーカス合成」、「フォーカスセレクト」のほか、「顔認識」と「4K連写」なども搭載。動画は、リアルな映像を実現する4K(3840×2160、センサー出力:24コマ/秒、25コマ/秒、30コマ/秒)またはフルHD(1920×1080、センサー出力:60コマ/秒)で撮影できる。
また、ライカのアプリ「Leica FOTOS」(iOSおよびAndroidに対応)にも対応しており、連携機能も最新なものへと強化している。

画像6: 光学16倍ズーム搭載のコンパクトデジタルカメラ
ライカ V-LUX 5
画像7: 光学16倍ズーム搭載のコンパクトデジタルカメラ
ライカ V-LUX 5

ライカ V-LUX 5

●撮像素子:MOSセンサー
●センサーサイズ:1インチ
●有効画素数:2010万画素
●AF方式:コントラストAF
●連続撮影速度:最高約12コマ/秒(電子シャッター時は50コマ/秒)
●記録媒体:SD(SDHC/SDXC)メモリーカード
●ISO感度:ISO80-12500(拡張感度 ISO25000)
●ファインダー:OLED(236万ドット)ファインダー
●液晶モニター:3.0型TFT(約124万ドット)タッチパネル
●大きさ:136.7×97.2×131.5㎜
●重さ:812g(バッテリー含む)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.