12年以上に渡ってモータージャーナリストの竹岡 圭さんがメインで試乗レポートを務める「モーターマガジンMovie」。チャンネル登録者は9万2000人を超えています(2019年7月現在)。今回はその中から6月にフルモデルチェンジが行われた新型ランドローバー レンジローバー イヴォークをご覧に入れます。(2019年6月FMC)
画像: 【動画】竹岡 圭のクルマdeムービー「ランドローバー レンジローバー イヴォーク」2019年7月放映

先端技術をまとったスタイリッシュSUV

独特なルーフラインのフォルムが印象的な「ランドローバー レンジローバー イヴォーク」にフルモデルチェンジが行われ2代目となりました。フォルムは先代のイメージを色濃く残していますが、中身は多くの先進技術をまとうなど大幅な進化を見せています。

今回試乗したモデルは、300psの直4DOHC2リッターガソリンターボエンジンにマイルドハイブリッドを組み合わせた「R-ダイナミックHSE(P300)」。竹岡圭さんはその滑らかな走りに高い評価を与えています。

先端安全技術の搭載もこのモデルの特徴のひとつで、フロント下180度の視界を確保する「クリアサイトグラウンドビュー」(世界初)や視野角50度の後方視界を高解像度映像でルームミラーに映し出す「クリアサイト インテリア・リアビュー」(ジャガー・ランドローバー初)を実際にテストしてみました。映像でその技術の一端をご確認下さい。

画像1: 先端技術をまとったスタイリッシュSUV
画像2: 先端技術をまとったスタイリッシュSUV
画像3: 先端技術をまとったスタイリッシュSUV
画像4: 先端技術をまとったスタイリッシュSUV
画像5: 先端技術をまとったスタイリッシュSUV
画像: 竹岡 圭の今日もクルマと・・・ランドローバー レンジローバー イヴォーク Test Drive youtu.be

竹岡 圭の今日もクルマと・・・ランドローバー レンジローバー イヴォーク Test Drive

youtu.be

■ランドローバー レンジローバー イヴォークR-ダイナミックHSE(P300)主要諸元

●全長×全幅×全高=4380×1905×1650mm
●ホイールベース=2680mm
●エンジン= 直4DOHCターボ
●排気量=1995cc
●最高出力=300ps/5500-6000rpm
●最大トルク=400Nm/2000-4500pm
●トランスミッション=9速AT
●駆動方式=4WD
●車両価格(税込)=801万円

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.