シグマはフルサイズミラーレス専用高性能レンズ3本を新たに開発し、発表した。Artラインの14-24mm F2.8 DG DN、35mm F1.2 DG DNとContemporaryラインの45mm F2.8 DG DNの3本でいずれもLマウント用とソニーEマウント用が用意される。価格は14-24mm、35mm F1.2が19万円(税別)、45mmが7万5000円(税別)。発売は2019年7月26日(14-24mmのみ8月下旬)

SIGMA 14-24mm F2.8 DG DN | Art

Artラインの「14-24mm F2.8 DG DN|Art」は、ミラーレスに最適化した究極の大口径超広角ズームを目指したレンズ。高画質を追求、圧倒的な解像感は「星景写真用レンズの決定版」ともいうべき仕上がり。

画像1: SIGMA 14-24mm F2.8 DG DN | Art

レンズ構成は13群18枚でFLDガラス1枚、SLDガラス5枚の適切な配置により、画面周辺に至るまで色収差を抑制する。最前面の大口径非球面を含む3枚の非球面レンズを使用し、効果的にコマ収差などを抑えると共に、圧倒的な解像感を実現している。コーティングにはスーパーマルチレイヤーコートに加え、新開発のナノポーラスコーティングを採用。逆光時などの強い入射光に対しても影響を受けにくい設計を行っている。またステッピングモーターの採用により、AF駆動の高速化と静音性を両立している。さらに防塵防滴機構に加え、レンズ最前面に撥水・防汚コートを採用し、さまざまな環境下での撮影にも対応する。リアフィルターホルダーを標準装備し、星景写真の撮影で使用されるシートタイプのリアフィルターを装着できる。

画像2: SIGMA 14-24mm F2.8 DG DN | Art
画像: シートタイプのリアフィルターを装着できるリアフィルターホルダー

シートタイプのリアフィルターを装着できるリアフィルターホルダー

画像3: SIGMA 14-24mm F2.8 DG DN | Art

●レンズ構成:13群18枚
●画角:114.2°-84.1°
●絞り羽根枚数:11枚(円形絞り)
●最小絞り:F22
●最短撮影距離:28cm
●最大撮影倍率:1:7.3
●マウント:Lマウント、ソニーEマウント
●最大径×長さ:φ85×131mm
●質量:795g

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.