シグマはフルサイズミラーレス専用高性能レンズ3本を新たに開発し、発表した。Artラインの14-24mm F2.8 DG DN、35mm F1.2 DG DNとContemporaryラインの45mm F2.8 DG DNの3本でいずれもLマウント用とソニーEマウント用が用意される。価格は14-24mm、35mm F1.2が19万円(税別)、45mmが7万5000円(税別)。発売は2019年7月26日(14-24mmのみ8月下旬)

35mm F1.2 DG DN | Art

「35mm F1.2 DG DN|Art」もArtラインレンズとして開発され、SIGMAとしては初の開放値 F1.2の大口径単焦点レンズ。高画質なだけではなく、スチル/動画のあらゆる撮影をサポートする高い操作性も備えている。

画像1: 35mm F1.2 DG DN | Art

レンズ構成は12群17枚で、SLDガラス3枚、非球面レンズ3枚を最適に配置。ショートフランジバックの特性を生かした光学設計に加え、歪曲収差や周辺減光については、カメラ内補正機能を効果的に利用しているという。5000万画素オーバーに耐えうる解像感を実現しつつ、サジタルコマフレアのように後処理での補正が困難な諸収差に対してはシグマの光学設計技術を投入し、徹底的に補正することで圧倒的な解像度を実現している。AF駆動には大型の超音波モーターHSMを採用し快適な撮影を実現する。MF撮影時には、最適なトルク設定のバイワイヤ駆動フォーカスリングで、撮影者の微細な操作にも応える。絞りリングにはクリックをなくすデクリック機構を搭載し、動画撮影などでスムーズな絞りの操作が可能。

画像2: 35mm F1.2 DG DN | Art
画像: AFLボタン、クリックON/OFFスイッチを装備。AFLボタンは様々な機能を割り当てることができ、クリックOFFで絞りリングのクリックをなくすことができる。

AFLボタン、クリックON/OFFスイッチを装備。AFLボタンは様々な機能を割り当てることができ、クリックOFFで絞りリングのクリックをなくすことができる。

画像3: 35mm F1.2 DG DN | Art

●レンズ構成:12群17枚
●画角:63.4°
●絞り羽根枚数:11枚(円形絞り)
●最小絞り:F16
●最短撮影距離:30cm
●最大撮影倍率:1:5.1
●フィルターサイズ:φ82mm
●マウント:Lマウント、ソニーEマウント
●最大径×長さ:φ87.8×136.2mm
●質量:1090g

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.