『96時間』監督の最新作となる怒涛のノンストップ・リベンジ・アクション『PEPPERMINT(原題)』が『ライリー・ノース 復讐の女神』として2019年9月27日(金)より全国公開。このたびポスタービジュアル、場面写真、予告編が一挙解禁された。
画像: 『ライリー・ノース 復讐の女神』予告編【2019年9月27日(金)公開】 youtu.be

『ライリー・ノース 復讐の女神』予告編【2019年9月27日(金)公開】

youtu.be
画像: 最強のママ、降臨!『96時間』監督の新作アクションが公開決定

2019年「最も美しい人」に選ばれたジェニファー・ガーナーが復讐の女神に

本作は『96時間』で世界中にその名を知らしめたピエール・モレル監督の最新作。今回の主人公は、凄腕の殺し屋でも、スパイでも、刑事でもない、ひとりの心優しきママ。ある日、彼女は麻薬組織の襲撃により、一瞬にして家族の命を奪われてしまう。未来を奪われ全てを失った彼女が、自ら最強の殺人マシーンとなり、悪党を一掃していく。

主演は、2000年代に『エレクトラ』ほか数多くのアクション作品に出演し、確固たる地位を確立したジェニファー・ガーナー。ピープル誌で毎年発表する2019年「最も美しい人」に選ばれ、今、目覚ましい活躍を見せている彼女が時を経て11年ぶりにアクションを解禁し、再びスクリーンに降臨する。

このたび解禁された予告編は、主人公・ライリーが敵を相手に銃を撃ちまくる衝撃的なシーンから始まる。

幸せな家族が突然ギャングに襲撃されるシーンを背景に「愛する家族を奪われ 法にも見捨てられ 生きる希望を失った母親」というテロップと「彼女は誓った。自らの手で、悪を裁くと――。」というナレーションの後、場面は一転。5年の訓練を重ね、心優しきママが最強となり、ママ友をはじめ次々と復讐を果たし、遂には、家族殺しの首謀者となる麻薬カルテルのボスのもとへと乗り込んでいく様子が大迫力のアクションシーンとともにおさめられている。

さらに、ジェニファー・ガーナーは、冒頭からフルスロットルで、11年ぶりのアクション復帰、さらには47歳で3人の子持ちとは思えぬキレのよい動きをみせ、ライリーがリベンジを誓い復讐の女神へと変貌していく姿が必見の予告編となっている。

ライリー・ノース 復讐の女神
2019年9月27日(金)新宿バルト9ほか全国ロードショー
配給:プレシディオ
© 2018 LAKESHORE ENTERTAINMENT PRODUCTIONS LLC AND STX FINANCING, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.