AI搭載型の現代的人形になってますますパワーアップ!

今回のリメイク版「チャイルド・プレイ」はスタッフもキャストも製作スタジオも一新された。製作は「IT/イット“それ”が見えたら、終わり」のデヴィッド・カッツェンバーグとセス・グレアム=スミスで、監督は呪いのカメラを扱ったホラー映画「ポラロイド」(7月19日公開)で注目された新人ラース・クレヴバーグ。チャッキーの声をなんと「スター・ウォーズ」のマーク・ハミルが担当する!

ネットに上がったニュース動画では、マークが“彼はただのオモチャではないよ。君の友だちなんだ…”とニヤリ。AIを搭載した人形が子どもに相手にされなくなり、暴走する筋立てになると予想されている。撮影には7体のアニマトロニクス(ロボット人形)が使用されており、これは目の前の人形がそのまま動き出す旧作の魅力を、CG時代の今に伝えようとする試みだ。

“ねえ、仲良くしようよ”。殺人人形チャッキーが、パワーアップして帰って来た!

\ブルーレイ&DVD情報はこちら!/

『チャイルド・プレイ《最終盤》』
10,000円+税/通常版Bluray=4,800円+税

発売・販売元:キングレコード 

『チャイルド・プレイDVDコンプリート・コレクション』
9,800円+税

発売・販売元:NBCユニバーサル・エンターテイメント

チャッキーのこちらもあわせてどうぞ

「チャイルド・プレイ」のチャッキーが日本観光?みんな大好きバディ人形がついに来日!

あの“殺人人形”が現代版となって登場…!新たな『チャイルド・プレイ』戦慄の特報映像とポスタービジュアルが到着

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.