2019年7月11日、スズキは、小型乗用車「イグニス」に、快適装備を充実させながら価格を抑えた特別仕様車「HYBRID MGリミテッド」を設定して発売した。

安全装備を充実するとともに、外装も上質に

イグニスは日常で便利に使えるだけでなく、週末にはアウトドアをはじめとした余暇の行動範囲を広げる「使い勝手の良いスタイリッシュなコンパクトクロスオーバー」をコンセプトとした小型乗用車として人気を集めている。

画像: メッキフロントグリルガーニッシュを採用するとともにフォグランプベゼルもメッキすることで高級感を演出している。

メッキフロントグリルガーニッシュを採用するとともにフォグランプベゼルもメッキすることで高級感を演出している。

今回の特別仕様車車は、「HYBRID MG」をベースに、車両や歩行者を検知する衝突被害軽減ブレーキ「デュアルカメラブレーキサポート」を標準装備し、経済産業省や国土交通省などが普及を推進する「サポカーSベーシック+」、国土交通省による「衝突被害軽減ブレーキ(AEBS)認定車」に該当する。またフルオートエアコン、キーレスプッシュスタートシステムなど快適装備も充実させている。

画像: エアコンルーバーはサテンメッキ調とした。

エアコンルーバーはサテンメッキ調とした。

外装にメッキフロントグリルガーニッシュやメッキフロントフォグランプベゼルを採用し、内装にはサテンメッキ調エアコンルーバーや、専用の高輝度ガンメタリック塗装のパーツを採用するなど上質で高級感のある印象とした。車体色は、「キャラバンアイボリーパールメタリック」をはじめ全5色のラインアップとした。

画像: インテリアには専用の高輝度ガンメタリックを採用。

インテリアには専用の高輝度ガンメタリックを採用。

さらに自車を真上から見ているかのような視点で周囲を確認でき、俯瞰の映像などをモニターに映し出す「全方位モニター用カメラパッケージ」もメーカーオプション設定している。

車両価格(税込)は、2WDが152万円、4WDが164万160円。いずれもエンジンは1.2L吸排気VVT付きDOHCで、ミッションはCVTのみ。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.