ヘイトクライム(憎悪犯罪)の被害者となり脳に障害を負いながらも、独自の世界観でカメラマンとして認められたマーク・ホーガンキャンプの感動の実話を「フォレスト・ガンプ/一期一会」の名匠ロバート・ゼメキス監督が映画化。2019年7月19日ついに公開!

本人のドキュメンタリー『マーウェンコル』を基に、フィギュアの撮影を通して深い心の傷と向き合った男の葛藤と再生を描く。

バイス」「ビューティフル・ボーイ」など話題作への出演が続くスティーヴ・カレルが自ら志願して主演を務めている。

画像: スティーヴ・カレルが自ら志願して主演

スティーヴ・カレルが自ら志願して主演

ヘイトクライムによって5人の男に暴行され、9日間の昏睡状態に陥ったマーク(カレル)。九死に一生を得るも脳に障害を抱えた彼は、襲撃の後遺症に苦しみ、歩くこともセラピーを受けることもままならない。そんな彼がリハビリ代わりに始めたのがフィギュアの撮影だった。

自宅の庭に空想の世界〝マーウェン〞を作った彼は、自分や襲撃者たちを模した人形を使い、ミニチュアを撮影することで現実と向き合っていく。そしてその写真はやがて世間の大きな注目を浴びることになる。

「BTTF(バック・トゥ・ザ・フューチャー)」ファンおなじみの“あのマシン”も登場!?

画像: BTTFファン垂涎の仕掛けも?! 名匠ゼメキス新作「マーウェン」7/19公開

本作は実話を忠実に描きながらも、マークのジオラマの中をミニチュア人形が動き回るというファンタジー描写も満載。「BTTF」ファン垂涎の“あのマシン”も登場するなどゼメキス・ワールドが全開だ。

Welcome to Marwen/マーウェン
2019年7月19日(金)公開

原題:ようこそマーウェンへ/アメリカ/2018/1時間56分/パルコ
監督:ロバート・ゼメキス
出演:スティーヴ・カレル、レスリー・マン、ダイアン・クルーガー、メリット・ウェヴァー

©2018 UNIVERSAL STUDIOS

こちらもあわせてどうぞ

ハリウッドの“レジェンド”引退作「さらば愛しきアウトロー」7/12公開

『最高の人生の見つけ方』など野外シネマの上映15作品が決定!『YEBISU GARDEN PICNIC』

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.