STIは、スバルのモータースポーツ活動の核としてのみならず、インプレッサなどをベースに多くのコンプリートカーを世に送り出している。そんなSTIのリアルスポーツ・コンプリートを紹介していこう。

軽量化されたスペックCをベースに、パワーは320psにまで向上

400台限定! インプレッサ S202 STiバージョン(2002年5月発表・6月発売)

画像: 軽量化にこだわったモデルなので、大げさなエアロパーツなどは装着されていない。

軽量化にこだわったモデルなので、大げさなエアロパーツなどは装着されていない。

2代目インプレッサWRXをベースにした、初のSTIコンプリートモデルがこのS202だ。通常モデルから90kg軽量化されたWRX タイプRA スペックCをベースに、オンロードスポーツとしての性能をさらに向上させた。

軽量化にこだわり、とくにバネ下重量の軽減は鍛造アルミホイールや専用ブレーキディスクなどで徹底している。パワーウエイトレシオは4.15kg/psを達成した。足回りはリンク類にピロボールを採用するなどして万全に強化している。

画像: シートバックにSTiのロゴが入ったシートは、表皮も専用のバケットタイプ。ドアトリム素材もS202専用だ。

シートバックにSTiのロゴが入ったシートは、表皮も専用のバケットタイプ。ドアトリム素材もS202専用だ。

ボールベアリングターボなどで強化されたタイプRA スペックCのエンジンは、吸気系の見直しと、チタン製超低圧マフラー採用の上に、専用ECUによって高回転域の伸び感を重視した仕様となり、最高出力は320psに達した。

画像: ドライバビリティを犠牲にすることなく高出力化するという、STIのチューニングノウハウが惜しげもなく注がれたボクサーエンジン。

ドライバビリティを犠牲にすることなく高出力化するという、STIのチューニングノウハウが惜しげもなく注がれたボクサーエンジン。

STIコンプリート図鑑のバックナンバー

インプレッサ S202 STiバージョン 主要諸元

●全長×全幅×全高:4405×1739×1425mm
●ホイールベース:2540mm
●重量:1330kg
●エンジン型式・種類:EJ20・対向4 DOHCターボ
●排気量:1994cc
●最高出力:320ps/6400rpm
●最大トルク:39.2kgm/4400rpm
●燃料・タンク容量:プレミアム・50L
●トランスミッション:6速MT
●サスペンション前/後:ストラット/ストラット
●ブレーキ前/後:Vディスク/Vディスク
●タイヤサイズ:225/45R17
●価格:360万円

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.