キヤノンはファインダーを覗いて撮影するスタイルのコンパクトデジタルカメラPowerShot G5の新モデルPowerShot G5 X Mark IIを発表した。価格はオープンで実売価格は10万5000円前後(税別)。発売は2019年8月上旬予定。

豊富なラインナップを揃えるPowerShot Gシリーズの中でも、PowerShot G5 XはEVFを内蔵し、ファインダーを覗いて撮影するスタイルで、1.0型センサーと24-100mm相当の大口径ズームレンズを搭載したモデル。その後継機として登場した「PowerShot G5X MarkII」は、前モデルのミニ一眼レフ的なスタイルから、シンプルなスタイルに一新。コンパクト化、軽量化も達成している。

ファインダーはアイセンサー付きの0.39型で、236万ドットと高精細のファインダー。ポップアップ式EVFを採用し、収納が可能になった。レンズは新設計の光学5倍ズーム8.8-44mmF1.8-2.8(24-120mm相当)となり、マクロ撮影時の画質が向上、テレ端の撮影倍率も向上した。画像処理エンジンも新たにDIGIC8に進化した。機能面でも4K動画対応、RAWバーストモードの採用などさらに磨きがかけられた。

画像: PowerShot G5 X Mark II正面

PowerShot G5 X Mark II正面

画像: PowerShot G5 X Mark II背面

PowerShot G5 X Mark II背面

画像: PowerShot G5 X Mark II上面

PowerShot G5 X Mark II上面

画像: ポップアップ式のEVF

ポップアップ式のEVF

画像: デザインが一新され、モードダイヤルと露出補正ダイヤルは同軸上に配置される

デザインが一新され、モードダイヤルと露出補正ダイヤルは同軸上に配置される

画像: ミニ一眼レフ的なスタイルの前モデルのPowerShot G5 X

ミニ一眼レフ的なスタイルの前モデルのPowerShot G5 X

PowerShot G5 X Mark II

●撮像素子:CMOSセンサー
●センサーサイズ:1.0型
●有効画素数:2010万画素
●レンズ:8.8-44mmF1.8-2.8(24-120mm相当)
●連続撮影速度:最高約30コマ/秒 約70枚まで(RAWバーストモード)
●記録媒体:SD(SDHC/SDXC)メモリーカード
●ISO感度:ISO125~12800(拡張25600)
●ファインダー:ポップアップ式電子ビューファインダー(約236万ドット)
●液晶モニター:3.0型TFT(約104万ドット)
●シャッター速度:B、30~1/25600秒
●大きさ:110.9×60.9×46㎜
●重さ:340g(バッテリー、メモリーカード含む)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.