山口規子さんの写真展「柳行李」が本日7月9日(火)より東京・新宿のニコンプラザ新宿 THE GALLERY1+2で始まった。会期は7月22日(月)まで。※最終日は15時まで。

柳行李職人とその風土、豊岡を撮り続けた

画像1: ▲展示作品より。

▲展示作品より。

画像: ▲展示会場の様子。

▲展示会場の様子。

今回の写真展について山口さんは語る。「私は人から逃げていた。正確に言うなら『人を撮る』ことから逃げていた。2013 年兵庫県豊岡市出石で柳行李職人の寺内卓己氏に出会うまではここ数年、作品として撮りたい被写体(人)がいなかったといっていいだろう。

画像2: ▲展示作品より。

▲展示作品より。

そんな私が寺内氏に撮影を申し込み、本格的な撮影を始めたのが2016年の夏。私のコウノトリ但馬空港へ飛ぶ旅が始まった」と。

真摯に仕事と向き合う寺内氏と彼を取り巻く風土を、四季を通して山口さんが撮り続けたドキュメンタリー写真の数々が今回の写真展と結実した。

画像: ▲会場には使い込まれた柳行李のカバンも参考展示されていた。

▲会場には使い込まれた柳行李のカバンも参考展示されていた。

写真展情報

THE GALLERY企画展 山口規子写真展「柳行李」
東京
■会場:ニコンプラザ新宿 THE GALLERY1+2
■会期:2019年7月9日(火)~7月22日(月)※日曜休館/最終日は15時まで
大阪
■会場:ニコンプラザ新宿 THE GALLERY1+2
■会期:2019年8月8日(木)~8月21日(水)
※日曜休館/8月10日(土)~13日(火)休館/最終日は15時まで

トークイベント

新宿 
■7月13日(土)14:00-15:00
「ドキュメンタリー写真の今」
山口規子/公文健太郎(写真家)
■7月20日(土)14:00-15:00
「豊岡の風土が生んだ柳行李と撮影秘話」 
山口規子/寺内卓己(柳行李職人)/和田真由美(豊岡市役所 大交流課)
大阪
■8月9日(金)18:30-19:30
「旅写真のコツ」
山口規子/クキモトノリコ(写真家)

山口規子さんプロフィール

栃木県生まれ。東京工芸大学短期大学部写真技術科卒業。㈱文藝春秋写真部を経て独立。女性誌や旅行誌を中心に活動。透明感のある独特な画面構成に定評がある。「イスタンブールの男」で第2 回東京国際写真ビエンナーレ入選、「路上の芸人たち」で第16 回日本雑誌写真記者会賞受賞。ドキュメンタリーや料理、暮らしに関する撮影書籍は多数。昨今はイタリアのサルデーニャ島、青森県、ダンサー などを撮り続けている。公益社団法人日本写真家協会会員

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.