日本のオートバイ乗りと一緒になってバイクカルチャーの発信拠点に!

この夏、国内初のバイク乗りのためのドライブインタイプの施設『バイカーズパラダイス南箱根』がオープンする。敷地面積は約20,000平米もあり、二輪用駐輪場は3000台という広さ。敷地内にある200席の広大なスペースを備えたカフェでは、ハンドドリップコーヒーや手摘みのシングルオリジンの紅茶など、こだわりのドリンク類を提供し、軽食も随時ラインアップしていく予定。店内にある物販ショップではオリジナルTシャツやステッカーなどを販売する。

また、『Rental819』のキズキレンタルサービスとのコラボで、『バイカーズパラダイス南箱根』を発着場とするレンタルバイクも実施予定。箱根往復1時間3通りのコースを設定したレンタルバイクプログラムで運営するプランとなっている。通常のレンタルバイクのような長時間とは違う短時間で乗れ、箱根というロケーションで走れるというのも魅力的だ。

画像1: 日本のオートバイ乗りと一緒になってバイクカルチャーの発信拠点に!
画像2: 日本のオートバイ乗りと一緒になってバイクカルチャーの発信拠点に!
画像: 8月6日のオープンに向け現在、施設は工事中だ

8月6日のオープンに向け現在、施設は工事中だ

その他、化粧品ブランドとコラボした、こだわりのレストルームやパウダールームなど、これまでのオートバイ乗りに向けた施設とはひと味ちがう空間になりそう。今後、きっとバイクイベントの会場として使われる可能性が高いので、一度、ツーリングがてらに行ってみるといいだろう。

日本全国の事業再生プロジェクトとなる『バイカーズパラダイス』

今回、『バイカーズパラダイス南箱根』をオープンする株式会社バイカーズパラダイスは、日本全国にある休眠施設を中心に事業再生プロジェクトを発足して、オートバイ文化を中心として個々の地域に密着した店舗・拠点開発を積極的に行っていく予定。また、海外進出も視野に入れながら、観光施設、宿泊施設等、様々な事業形態と協力してオートバイ文化の普及を目指す。

『バイカーズパラダイス南箱根』
オープン日時:2019年8月6日(火)13時
住所:〒419-0101 静岡県田方郡函南町桑原1348-2
営業時間:平日9:00〜18:00 休日7:00〜18:00
駐車スペース:2輪車用3000台/4輪車用10台
ゲートコスト:2輪車・3輪車 500円(1台/1日)/4輪車 2000円(1台/1日)
       ※施設利用1500円以上で割引制度あり
カフェ座席数:200席
敷地面積:約6000坪 建築面積:約214坪

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.