5月にアジアで初めて同性婚が認められた台湾から届いた話題作『バオバオ フツウの家族』2019年9月28日(土)より順次公開。このたび予告編が解禁された。

YouTube

youtu.be
画像: 「赤ちゃんが欲しい!」4人の同性カップルを描く話題作の予告編が完成

本作は、2組の同性カップル4人が協力して、「赤ちゃんが欲しい!」と妊活をし、家族になる物語。新人監督の登竜門として台湾で一番大きな脚本賞「徴選優良電影脚本奨」で、優秀脚本賞優秀賞を受賞し、プロデューサーの目に止まり映画化された。

台湾では80年代の民主化に伴い、LGBT運動も90年代に萌芽の時を迎え、2003年に台北でLGBTパレードが始まった。2010年には第ニの都市高雄で、2011年からは新竹、屏東、台中、花蓮等各地にこの運動が広まり、映画では1992年の蔡明亮(ツァイ・ミンリャン)監督作品『青春神話』あたりからLGBTをテーマにした作品が市民権を得て、1993年にアン・リー監督『ウェディング・バンケット』で花開く。その後、『藍色夏恋』『僕の恋、彼の秘密』『花蓮の夏』『GF*BF』など、特に青春映画にて秀作が続いた。

しかし本作は、同性を愛することに逡巡して悩める高校生を中心とした若者たちの姿ではなく、すでにそのステップを超え、社会の軋轢や、理解することが難しい親たちとの確執と対峙する深い人間ドラマになっている。

今回公開された予告編には、ジョアンとシンディ、チャールズとティムという、ロンドンでの2組の同性カップルの幸せな日々、家族を持つことの葛藤、4人が妊活を思いつき実行する姿が映し出される。しかし体外受精で無事妊娠したシンディは、身重で1人、台北の空港に降り立つ。なぜ彼女は一人で戻って来たのか!?

繊細な心を持つシンディを演じるのは、日本とフランスのハーフで、本格的な演技は初めてのエミー・レイズ(雷艾美)。ジョアンを演じるのは、台湾版「花より男子」の「流星花園」等、アイドルドラマからアート映画まで国内外でキャリアを積んでいるベテラン、クー・ファンルー(柯奐如)。チャールズを演じるのは、台湾で活躍する日本人の蔭山征彦。香港電影評論学會の脚本賞を受賞した『念念』(2015年/東京フィルメックスにて上映)の脚本、映画音楽、『KANO 1931~海の向こうの甲子園』では出演の他に若手の演技指導など、マルチな才能を発揮している。ティム役は、蔡力允(ダニエル・ツァイ)。豊富な経験から幅の広さで印象深い学者像を作り上げている。

ロンドン生活の経験者であるシエ・グアンチェン(謝光誠)監督は、この映画を最初はロード・ムービーにしようと思っていたとか。ロンドンで子供を授かった女性と様々な人との出会いを、映像と音楽で心模様の広がりを描きたかったという考え方が、冒頭の車窓の風景が流れているカットに反映されている。

また、予告編のラストに流れる台湾のインディーズバンドFLUXの「東京大夜逃」の中の「I try to find somewhere I could call home(故郷と呼べるどこかを見つけたい)」という歌詞が、4人の心情と重なり合うのにも注目だ。

バオバオ フツウの家族
2019年9月28日(土) 新宿K’s cinema他 順次公開
配給:オンリー・ハーツ/GOLD FINGER
©Darren Culture & Creativity Co.,Ltd

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.