クルマ擬人化マンガ「ウチのクルマがこんなに可愛いわけがない!?」…略して「ウチクル!?」の第30話。今回の主人公は三菱の初代ミラージュ。そのなかでも「ミラージュ II」と名乗っていた後期型だ。漫画:鈴木秀吉

ウチクル!?第30話「三菱 ミラージュ II がこんなに可愛いわけがない!?」

画像1: ウチクル!?第30話「三菱 ミラージュ II がこんなに可愛いわけがない!?」
画像2: ウチクル!?第30話「三菱 ミラージュ II がこんなに可愛いわけがない!?」
画像3: ウチクル!?第30話「三菱 ミラージュ II がこんなに可愛いわけがない!?」
画像4: ウチクル!?第30話「三菱 ミラージュ II がこんなに可愛いわけがない!?」

ウチクル!?のバックナンバーはこちら

三菱 ミラージュ II(1982年1月22日発表)

三菱初のFFモデルとして1978年にデビューしたミラージュは、1982年のマイナーチェンジに合わせてモデル名をミラージュIIに変更。また、ホットハッチモデルが日本市場で人気を得ていた中で、1.4L直4エンジンと超小型ターボを組み合わせて搭載(105ps/15.5kgm)する「1400ターボ」を登場させた。等長ドライブシャフトやハードサスペンション、ボンネットのエアスクープなど専用装備を備えていた。

画像: 大きなエアスクープが目立つ三菱 ミラージュII 1400ターボ。ボンネットのストライプはオプション。

大きなエアスクープが目立つ三菱 ミラージュII 1400ターボ。ボンネットのストライプはオプション。

三菱 ミラージュ II 1400ターボ(2ドアハッチバック)主要諸元

●全長×全幅×全高=3780×1585×1350mm
●ホイールベース=2300mm
●車両重量=820kg
●エンジン=直列4気筒 OHC ターボ
●排気量=1410cc
●最高出力=105ps/5500rpm
●最大トルク=15.5kgm/3000rpm
●トランスミッション=4速MT
●駆動方式=FF
●車両価格=118万6000円(東京・発売当時)

画像: 三菱 ミラージュIIに採用されていたスーパーシフトは、いわゆる副変速機だった。

三菱 ミラージュIIに採用されていたスーパーシフトは、いわゆる副変速機だった。

画像: ミラージュII 1400ターボは赤/黒のツートンで、専用の高弾性ウレタンシートを採用していた。

ミラージュII 1400ターボは赤/黒のツートンで、専用の高弾性ウレタンシートを採用していた。

画像: ミラージュII 1400ターボは2ドアハッチバックにのみ設定されていた。このアルミホイールはオプション。

ミラージュII 1400ターボは2ドアハッチバックにのみ設定されていた。このアルミホイールはオプション。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.