グロムのレースベース車を買ったは良いけれど、ちゃんと走れるか不安! そんなユーザーも参加しやすいのが「HRCライディングスクール」。5月11日に近畿スポーツランドで開催されたスクールには、オートバイ女子部から葉月美優と大関さおりが参加、その模様を振り返ります!

初級から上級まで幅広いライダーに対応してくれる!

レースやライディングスキルの向上に興味があって、レースベース車両の購入に踏み切った方も多いと思うが、いざレースに参戦しようすると、スキル的な不安がいっぱい…。そんなビギナーライダーからも注目を集めているのが「HRCライディングスクール」だ。HRC(ホンダレーシング)が主催し、国内や海外で活躍したトップライダーたちがアドバイザーと聞くと、上級者ばかりのスクールかと思いきや、実際の参加者はモータースポーツ初心者から、キッズライダー、現役のアマチュアレーシングライダーまで様々。また、参加料金が税込み1万2000円という、ライディングスクールとしてはお手頃な価格設定も魅力のひとつだろう。

昨年、鈴鹿ツインサーキットで開催されたスクールに続き、近畿スポーツランドで開催された今年5月のイベントにも、オートバイ女子部の面々が参加してきました。

今回はNSF100/GROMクラスに葉月美優が、CBR250R/RRクラスに大関さおりが参加。2人ともライディングスキルは初心者級ですが、ヤル気には溢れています!

画像: 初級から上級まで幅広いライダーに対応してくれる!
画像: そして、大関さおりさんが参加したCBR250R/RRクラスは伊藤真一さんが担当!

そして、大関さおりさんが参加したCBR250R/RRクラスは伊藤真一さんが担当!

画像: NSF100/GROMクラスの初級クラスに入った葉月美優さんの担当は高橋裕紀選手!

NSF100/GROMクラスの初級クラスに入った葉月美優さんの担当は高橋裕紀選手!

個別にアドバイスが受けられるから、自分の課題が明確に!

今回のスクールはミニバイクのクラスが3クラス、250のクラスが1クラス。それぞれ少人数のグループで練習を行なうので、アドバイザーの先生達は先導走行でラインを教えたり、後方から走りの修正箇所を確認したりと忙しく走り回り、しっかり個人個人の走りをチェック。練習の合間には、各アドバイザーが参加者にアドバイスを送っていました!

画像: スクール終了後にはアドバイザーの皆さん(左から亀谷長純 氏、伊藤真一 氏、高橋裕紀 氏、秋吉耕佑 氏)と記念撮影。

スクール終了後にはアドバイザーの皆さん(左から亀谷長純 氏、伊藤真一 氏、高橋裕紀 氏、秋吉耕佑 氏)と記念撮影。

画像: さらに、かつてMotoGPの「Repsol Honda Team」を監督として率いた山野一彦 氏と記念撮影。参加者の皆さんも思い思いに記念撮影を依頼していました!

さらに、かつてMotoGPの「Repsol Honda Team」を監督として率いた山野一彦 氏と記念撮影。参加者の皆さんも思い思いに記念撮影を依頼していました!

走行自体は全クラス25分×4本の、合計100分の走行でしたが、どの参加者も練習枠の中でトライ&エラーを繰り返し、時間の経過と共に順調にスキルアップをしていた模様です。スクール終了後に参加者の皆さんに聞くと、時間が経つのがあっという間だったとのこと。

ど初心者のオートバイ女子部の2人は、おっかなびっくりだった1回目の走行後、「もっとアクセルを開けていこう!」という指摘をされ、その後も適宜アドバイスをもらいながらペースをアップさせて行きました。これで今年のレースでの走りも変わってくると良いですね。

さて、今回参加させて頂いた「HRCライディングスクール」の今後の開催に関して、現時点では未定ですが、早ければシーズンオフのタイミングで年内にもう1回開催できるかも…なんて話もありました。参加したい、あるいは興味のある方はホンダ・レーシングのwebサイトをマメにチェックしておいてくださいね。開催が決まったら、もちろん、webオートバイでも紹介させて頂きます!

画像: 走行の合間にはブレーキング練習も実施。講師陣からブレーキングテクニックの重要性が説かれた直後の練習だったので、参加者も集中して取り組んでいた。

走行の合間にはブレーキング練習も実施。講師陣からブレーキングテクニックの重要性が説かれた直後の練習だったので、参加者も集中して取り組んでいた。

画像: 大関さおり

大関さおり

苦手や不安を理解してくれる! もっと走りたい!
 
初参加なので、走る前はものすごく不安でした…。しかも私、CBRクラスだし(なんで編集部のCBR250Rはハイスロなの?)。ブレーキング練習やクリッピングポイントを意識した走行練習など、アドバイザーの皆さんから、数多くのコメントを頂きました。自分の苦手部分や不安なことを理解して、対応してくれたので、安心できましたし、とても勉強になりました。最初から最後まですっごく楽しかったです! 走行時間は全部で100分でしたが、もっと走りたいし、もっと色んなことを教えて欲しいって思えました。

画像: 葉月美優

葉月美優

気になっていたブレーキングと乗車姿勢が…変化!
 
特に直したかったのは次の2つ! 1.スピードが乗ってる状態からのブレーキングが怖い。2.気がつくとシートの前方に座っている。この2点は、もちろんアドバイザーの高橋さんにも指摘されてしまいました。ブレーキに関しては、最初は一気にブレーキかけるのが怖かったけど、練習でやってみると意外としっかり止まってくれる。ここまで強くかけても平気なんだと安心する事が出来ました。乗車姿勢に関しては、ニーグリップをしっかりすること! この2点を学び、走りやすくなりました!

画像: HRCライディングスクールの参加者とアドバイザーが一同に介し記念撮影。スクール当日は快晴に恵まれ、大きなアクシデントも無くプログラムを終了しました。次回開催では、皆さん一緒に走りましょう!

HRCライディングスクールの参加者とアドバイザーが一同に介し記念撮影。スクール当日は快晴に恵まれ、大きなアクシデントも無くプログラムを終了しました。次回開催では、皆さん一緒に走りましょう!

撮影/柴田直行

オートバイ女子部のグロム、HRCのレースベース車なんです!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.