2017年の東京モーターショーで参考出品された電動3輪車!

ヤマハが、7月13日~8月11日の週末を中心に、新潟県長岡市の「国営越後丘陵公園」にて、フロント2輪の小型電動立ち乗りモビリティ「TRITOWN(トリタウン)」の実証実験を行なうことを発表しました。

「TRITOWN」は、LMW機構を備えたフロント2輪の小型電動立ち乗りモビリティ。ライダー自身のバランスコントロールによって姿勢制御を行なうシンプルな機構となっています。

「東京モーターショー2017」にも参考出品されたため、見たことある方も多いでしょう。未来の乗り物が今後、普及するのか、楽しみですね!

画像: さあ、TRITOWNでいこう。 youtu.be

さあ、TRITOWNでいこう。

youtu.be

実証実験の概要

期間:2019年7月13日(土)~7月15日(月・祝)
7月19日(金)~7月21日(日)
7月26日(金)~7月28日(日)
8月9日(金)~8月11日(日)
※天候により乗車できない場合があります。
 
場所:国営越後丘陵公園(新潟県長岡市宮本東方町字三ツ又1950番地1)
 
車両/台数:TRITOWN(トリタウン)/5台(先導車両を含まず)
 
開催時間:10:00~、11:45~、14:30~、16:15~(各回受付時間は開始時間15分前)
 
利用料金:2,500円(税込)
※都合により金額に変更がある場合があります。
 
所要時間:約80分(講習時間含む)
 
参加条件:16歳以上、70歳以下(免許制限なし)
※安全講習を受講いただきます。
※状況により乗車をお断りする場合があります。

ヤマハ 公式サイト

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.