『オートバイ』と別冊付録「RIDE」を合わせて270P越えの大ボリューム!

月刊『オートバイ』2019年8月号が7月1日から全国の書店で発売を開始しております。今月も別冊付録「RIDE」がセットですよ!

すでにご覧になった方もいらっしゃると思いますが、最新号の内容をご紹介します!

画像1: 『オートバイ』と別冊付録「RIDE」を合わせて270P越えの大ボリューム!

『オートバイ』の巻頭大特集は、ニューモデルのライバル対決です。

画像2: 『オートバイ』と別冊付録「RIDE」を合わせて270P越えの大ボリューム!

2019年一番の注目機種スズキ「カタナ」。その登場を迎え撃つかたちになったカワサキ「Z900RS」・ホンダ「CB1100RS」をまとめて比較インプレしました!!

続く記事は、いま日本でも支持層を増やしているミドルスポーツのライバル対決。こちらはホンダ・ヤマハ・スズキ・カワサキの四機種を徹底比較しました。

画像3: 『オートバイ』と別冊付録「RIDE」を合わせて270P越えの大ボリューム!

さらに250㏄クラスのフルカウルスポーツも比較検証記事も!

画像4: 『オートバイ』と別冊付録「RIDE」を合わせて270P越えの大ボリューム!

もちろん、原付二種も忘れちゃいませんよ! こちらは種類のまったく異なる4機種で、それぞれの特長を解説しております。

画像5: 『オートバイ』と別冊付録「RIDE」を合わせて270P越えの大ボリューム!

スポーツモデルの車両の購入を考えている方はもちろん、バイク好きなら、各車の乗り味も気になるはず。ライバルを比較して一挙に見られる、雑誌ならではの企画となっております!

特集以外にも見どころはもりだくさんです。

カワサキ「W」シリーズを誕生から最新のW800ストリート/カフェを紹介する、年表付きのヒストリーガイドを掲載。

画像6: 『オートバイ』と別冊付録「RIDE」を合わせて270P越えの大ボリューム!

ツーリングライダー必読の企画もありますよ。

前号から新連載を開始した、アウトライダー菅生雅文さんによる「ROLLING LIFE」は、美しいツーリング風景と本格紀行文をお楽しみいただけます。

画像7: 『オートバイ』と別冊付録「RIDE」を合わせて270P越えの大ボリューム!

さあ、続いて「RIDE」をご紹介しましょう!

表紙、そして東本昌平先生による巻頭漫画作品の車両は、ヤマハ「MT-09」です。

漫画の後は、「MT-09」のインプレと解説が続きます。
こちらも読みごたえたっぷりですよ。

画像8: 『オートバイ』と別冊付録「RIDE」を合わせて270P越えの大ボリューム!

そして、好評連載「神社拝走記」には、スペシャルゲストつるの剛士さんが登場しています!!

画像9: 『オートバイ』と別冊付録「RIDE」を合わせて270P越えの大ボリューム!

さらにさらにRIDEでは、記念すべきできごとがありました!
「RIDE集会」の100回目が開催されたのです。

画像10: 『オートバイ』と別冊付録「RIDE」を合わせて270P越えの大ボリューム!

その模様もたっぷりレポートしております!

そんなこんなで、今月も一カ月間たっぷり楽しめる濃い内容でお届けします。価格は特別定価1080円。お近くの書店でぜひ中身をチェックしてみてください!

Amazonでもお買い求めいただけます!

オートバイ 2019年8月号 [雑誌]

モーターマガジン社 (2019-07-01)
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.