1960年代、スズキのマシンで世界グランプリを舞台に活躍した伝説的なレーシングライダー、伊藤光夫さんが7月3日に亡くなられた。享年82。

伊藤さんは1937年生まれ、静岡県磐田市出身。レースキャリアは1959年にスズキの社員ライダーとして第2回浅間火山レースに参加したのがスタート。

世界GPデビューは1961年のフランスGPで、以来1967年までの7シーズンにわたり、50ccクラスを中心に参戦。GP通算35戦に出場し、通算2勝、表彰台獲得13回。年間ランキング最高位は62年〜65年の50ccクラスで4年連続して5位を記録。そのキャリアのハイライトとういうべきは63年、当時世界GPの一戦であったマン島TT50ccクラス。マン島の長く険しい公道コースを舞台に、この年50ccクラスのチャンピオンを獲得することになるチームメイトのH・アンダーソン、そのライバルであったクライドラーのH=G・アンシャイトを2位・3位に従えての会心の勝利で、現在に至るまでマン島TTにおける日本人唯一の優勝でもある。またキャリア最後のGP参戦となった67年日本GP50ccクラスで挙げた勝利も印象深い。

引退後もスズキのレース活動に深く関わり続け、マシンの開発やライダーの育成に尽力。さらに長らくMFJの技術委員も務めるなど、日本の二輪レースの発展にも大きく貢献した。昨年12月にはその功績により、記念すべきMFJモーターサイクルスポーツ殿堂の第1回顕彰者にも選出されていた。

謹んで伊藤光夫さんのご冥福をお祈りいたします。

画像: MFJニュース(1963年)

MFJニュース(1963年)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.