2019年7月3日、トヨタはポルテとスペイドに一部改良を施したと発表。さらに、特別仕様車「ポルテ F“Raffine(ラフィネ)”」と、「スペイド F“Noble collection(ノーブルコレクション)”」を設定した。

タイトル写真の右がポルテ F(2WD)。左がスペイドの特別仕様車 F“Noble collection”(2WD)。いずれもオプション装着車。

オプションの組み合わせで、サポカーSワイドに相当する仕様に

トールワゴンの「ポルテ」とその兄弟モデル「スペイド」は、トヨタのラインナップのなかでも異彩を放っている。運転席側は通常のスイング式ドアを前と後ろに2枚設けた、一般的なトールワゴンのように見える。しかし、助手席側へまわるとドアはスライド式の1枚だけ。リアゲートも含めて4ドアという左右非対称デザインは、自動車業界でかなり珍しい。

助手席側スライドドアの開口部がかなり大きくて便利だという、そんな個性派トールワゴンが2019年7月3日、安全装備を充実させる一部改良を受けた。

予防安全パッケージToyota Safety Senseにおいて、昼間の歩行者を検知対象に加えたプリクラッシュセーフティ(レーザーレーダー+単眼カメラ)を採用した。またオプションとして、駐車場などでのペダル踏み間違い時に衝突被害の軽減に寄与するインテリジェントクリアランスソナー(パーキングサポートブレーキ/静止物)も設定。これを組み込むことにより、サポカーSワイドに相当するという。

ポルテの外装色はモノトーンカラー7色、ツートーンカラー3色を設定。スペイドにはモノトーンカラー7色と、カーボン調フィルムをルーフに組み合わせた3組のカラーバリエーションを設定している。加えて、マルチインフォメーションディスプレイの視認性を高める改良も施された。

画像: ポルテと比較するとクールな印象のスペイド。このボディカラーはフレッシュグリーンマイカメタリック。

ポルテと比較するとクールな印象のスペイド。このボディカラーはフレッシュグリーンマイカメタリック。

また特別仕様車として、ポルテに「F“Raffine(ラフィネ)”」を、スペイドに「F“Noble collection(ノーブルコレクション)”」を設定し、同日に発売した。

Fグレードをベースに革調シボ付ルーフフィルム、合成皮革/ファブリックの専用シート、さらにインテリジェントクリアランスソナー(パーキングサポートブレーキ/静止物)を特別装備している。

画像: ポルテの特別仕様車、F“Raffine(ラフィネ)”(オプション装着車)。

ポルテの特別仕様車、F“Raffine(ラフィネ)”(オプション装着車)。

トヨタ ポルテ/スペイド 車両価格

X(FF/CVT):182万8440円
X(4WD/CVT):198万8280円
Y(FF/CVT):189万0000円
Y(4WD/CVT):204万1200円
F(FF/CVT):187万9200円
F(4WD/CVT):203万0400円
G(FF/CVT):197万7480円
G(4WD/CVT):212万8680円

トヨタ ポルテ/スペイドの特別仕様車 車両価格

ポルテ F“Raffine”(FF/CVT):200万7720円
ポルテ F“Raffine”(4WD/CVT):215万8920円
スペイド F“Noble collection”(FF/CVT):200万7720円
スペイド F“Noble collection”(4WD/CVT):215万8920円

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.