フランスの名門ブランドとして、多くの人々に愛されてきたプジョー。ふと気づいてみるとプジョーは、自動車、モーターサイクル、自転車という、公道を走る3つの乗り物を製造する非常に稀有なブランドだったのです。

来てます!プジョーモトシクル!!

現存する世界最古のモーターサイクルブランドとして知られる「プジョー」。今春国内での発売が開始された「ジャンゴ 120th リミテッドエディション」は、プジョーの歴史を体現する一台として大きな注目を集めました。

画像: 2019 東京モーターサイクルショー

2019 東京モーターサイクルショー

120年を超える歴史の中で、プジョーはレースでも大いに活躍しました。公道レースの最高峰であるマン島TTレースの第一回大会(1907年)で、プジョー製エンジンを搭載したノートンが優勝を果たしたのです。

画像: 来てます!プジョーモトシクル!!

近年はスクーターがラインナップの中心であったプジョーの二輪部門ですが、モーターサイクルにかける情熱は未だ途絶えることなく、現在もあらたなモーターサイクルを開発中です。

画像: 2018 パリモーターショーで発表された「P2X Concept」

2018 パリモーターショーで発表された「P2X Concept」

勢いに乗っているプジョーモトシクルですが、やはりプジョーの製品として一番有名なのは自動車ですね。

プジョーと言えば、やはり自動車

こちらは最新モデル「508 SW」。フラッグシップモデルである「508」のステーションワゴン仕様として先月発売されたばかりの新型車です。

画像1: www.peugeot.co.jp
www.peugeot.co.jp

いかにも荷物を運ぶクルマ、という武骨なスタイルになりがちなステーションワゴンですが、「508 SW」はまるでスポーツクーペのような流麗な後ろ姿に仕上がっています。美しい!

画像2: www.peugeot.co.jp
www.peugeot.co.jp

しかしプジョーは、美しいだけじゃありません。レースの世界では、WRC(世界ラリー選手権)やダカールラリーで圧倒的な強さを見せ、「砂漠のライオン」としてライバルたちに恐れられたのです。

画像: ダカールラリーでは、2016、2017、2018年と3連覇を達成!

ダカールラリーでは、2016、2017、2018年と3連覇を達成!

実は、自転車もスゴイんです。

そして、モーターサイクルよりも自動車よりも前に、この世に生まれたのがプジョーの「自転車」です。1882年に最初のモデルとして、大きな前輪と小さな後輪が特徴的な「Grand Bi」が発売されました。デザインが斬新!

画像1: 実は、自転車もスゴイんです。

そしてプジョーの自転車は、レースの世界でも頂点に立ちます。最高峰の自転車レースであるツール・ド・フランスにて10回の優勝を果たし、名門ブランドとしてその名を広めました。

画像: cycles.peugeot.fr
cycles.peugeot.fr

で、現在のプジョー製自転車は?というと、こんな最先端の電動マウンテンバイクを作ってるんです!カッコイイ!!

画像1: cycles.peugeot.com
cycles.peugeot.com

リチウムイオンバッテリーをフレームに内蔵しているそうです。こんなにイカス、ロードバイクも!

画像2: cycles.peugeot.com
cycles.peugeot.com

モーターサイクル、自動車、そして自転車。このようにプジョーは、公道を走る3つの乗り物で世界を制した、とっても珍しいブランドなんですね。

ということで誠に勝手ながら、「地上の王はプジョー!」と宣言させていただきます!!

画像2: 実は、自転車もスゴイんです。
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.