昭和は遠くなりにけり…だが、昭和生まれの国産スポーティカーは、日本だけでなく世界的にもブームとなっている。そんな昭和の名車たちを時系列で紹介していこう。1967年発売のホンダ N360。

高性能、低価格、広い室内で軽トップの座を獲得

ホンダ N360:昭和42年(1967年)3月発売

画像: 当時は珍しかったサンルーフ(キャンバストップ)仕様も設定されていた。

当時は珍しかったサンルーフ(キャンバストップ)仕様も設定されていた。

それまでの軽乗用車の常識を破る低価格と高出力、高性能で1967年(昭和42年)3月に衝撃的なデビューを飾ったのがホンダ N360だ。

2輪メーカーのホンダがミニ・スポーツカーのホンダS500/S600/S800に続いて投入し、4輪車メーカーへの足がかりを築いたのも、このN360であった。

空冷2気筒SOHC、354cc、31psのN360E型エンジンを、ミニ・クーパーに似たFF・2ボックスのシンプルなスタイルのボディに搭載した。

広い車室内スペースに加え、最高速は115km/h、0→400m加速は22.0秒。当時の軽乗用車のレベルを大きく上回る高性能で、これに31万3000円(工場渡し)の低価格で人気に輪をかけた。

画像: シンプルなインパネ。シフトノブはインパネのすぐ下に備わっていた。

シンプルなインパネ。シフトノブはインパネのすぐ下に備わっていた。

N360は、今日のFF・2BOXの原点となった。当時の軽自動車の規格は全長3m×全幅1.3m以内だったため、キャビンスペースを確保するために2BOXスタイルを採用した。

さらに小さなボディには工夫がたくさん施されていた。そのひとつがリアシートで、シートバックを今で言う分割可倒式とすることで、長尺物もラクに積み込むことができた。

発売2ヵ月目には、それまで10年間も軽の王座を独占してきたスバル360を追い落とし、トップに躍り出るという爆発的な売れゆきをみせている。

そして翌68年9月に追加されたのが、ツインキャブ装着で36psのエンジンを搭載したT、TS、TM、TGのT(ツーリング)シリーズだ。最高速120km/hの高速ツーリングカーであった。

画像: 室内もシンプル。3点式シートベルトは備わっていたがヘッドレストは装着されていなかった。

室内もシンプル。3点式シートベルトは備わっていたがヘッドレストは装着されていなかった。

N360登場当時の軽各車の最高出力は20〜23ps、最高速は85〜100km/h程度というのが一般的だったから、N360はまさに軽のハイパワー競争に火をつけた形となり、さらに拍車をかけたのがTシリーズであった。

N360は、このTシリーズの追加で若いユーザーの心もつかみ、エントリーカーとして絶大な支持を得ることになる。

画像: スポーツグレードのN360Tは、メッシュのグリルも特徴的だった。

スポーツグレードのN360Tは、メッシュのグリルも特徴的だった。

昭和の名車のバックナンバー

ホンダ N360T 主要諸元

●全長×全幅×全高:2995×1295×1340mm
●ホイールベース:2000mm
●重量:540kg
●エンジン型式・種類:N360E型・直2 SOHC
●排気量:354cc
●最高出力:36ps/9000rpm
●最大トルク:3.2kgm/7000rpm
●トランスミッション:4速MT
●タイヤサイズ:5.20-10-4PR
●価格:32万8000円(工場渡し)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.