ホンダを代表するオートバイといえば「CB」。そんなCBのオーナーにとっては定番のイベントが「CBオーナーズミーティング」だ。今回は、ツインリンクもてぎのオーバルコースで開催された。

約800台ものCBとオーナーたちがツインリンクもてぎに大集合!

ホンダのCBといえば、バイク好きならば誰もが知っている伝統あるバイクだ。2014年にCBオーナーを対象にした「CBオーナーズミーティング」がツインリンクもてぎで初めて開催され、その後、鈴鹿サーキットなどにも会場を移して行われ、いまやCBオーナーにとっては定番のイベントと認知されている。

画像: ズラリと並んだ参加者のCBたち。

ズラリと並んだ参加者のCBたち。

ホンダ CBが生誕60周年を迎えた2019年は、6月9日にツイリンクもてぎサーキットのオーバルコースで「第16回 CBオーナーズミーティング 2019 in ツインリンクもてぎ」として開催された。

参加者は1800台の事前登録があったそうだが、あいにくの梅雨模様となってしまい、それでも半数以上の約800台ものCBファンが集まり、会場は新旧さまざまなCBで埋め尽くされた。

画像: コレクションホールに展示されている歴代CBの一部を、イベント会場となったオーバルコース内でも展示。

コレクションホールに展示されている歴代CBの一部を、イベント会場となったオーバルコース内でも展示。

主催社であるホンダモーターサイクルジャパンの加藤社長が開会宣言を行い、参加者たちも拍手喝采でイベントが始まった。

心配された天気だが雨は降ることもなく、イベント参加累計人数は今回で早くも1万人を突破した。記念すべき累計1万人目のオーナーにはヘルメットの贈呈が行われた。

画像: ホンダコクレクションホールの中庭で、宮城光さんによる動態保存されているワークスマシンRCB1000エンジン始動アトラクション。

ホンダコクレクションホールの中庭で、宮城光さんによる動態保存されているワークスマシンRCB1000エンジン始動アトラクション。

会場内に設置された協賛メーカーブースのテントでは、各社のアクセサリーパーツやカスタマイズパーツ、ウエア類など自慢のアイテムたちが展示され、賑わいを見せていた。

イベントステージでは、出展協賛メーカーによる豪華景品のじゃんけん大会が熱を帯びる。
特設エリアでは、バランス感覚と繊細な操作が要求される一本橋チャレンジや、CBの記念ボードを背にしたプロカメラマンによる愛車とのフォトセッションも人気を呼ぶ。

またホンダコレクションホールの中庭では、動態保存されている歴代CBのエンジン始動アトラクションなども行われ、多くのCBユーザーが釘付けになっていた。

画像: イベント最後のアトラクション、ツインリンクもてぎサーキットの本コースを走れるバレードラン。

イベント最後のアトラクション、ツインリンクもてぎサーキットの本コースを走れるバレードラン。

そしてステージイベント終了後には、ツインリンクもてぎのレーシングコースを愛車で走行できるパレードランが実施された。ほとんどの参加者たちはイベント閉会まで残り、最愛のCBでサーキット走行を楽しみ、大満足で帰路に着いた。

ツインリンクもてぎがCB一色に染まった熱い1日であった。次回は9月29日、鈴鹿サーキットで第17回めのミーティングが開催される。CBオーナーならば、ぜひチェックしておきたい。(写真:ホンダモーターサイクルジャパン)

画像: 主催者のホンダモーターサイクルジャパン加藤社長はじめ、Hondaのスタッフのお見送り。参加者みんな手を振り、笑顔で家路についた。

主催者のホンダモーターサイクルジャパン加藤社長はじめ、Hondaのスタッフのお見送り。参加者みんな手を振り、笑顔で家路についた。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.