開発は進めたけれど、何らかの理由で発売には至らなかった……。当然、オートバイの世界にもそういう「ま・ぼ・ろ・し〜」なものがあるのですが、メーカーは大切に保管していたりするのですね。

たとえばハーレーのV4とか……

画像: 米国ミルウォーキーにあるハーレーダビッドソンミュージアムに展示されています「NOVA PROJECT」。

米国ミルウォーキーにあるハーレーダビッドソンミュージアムに展示されています「NOVA PROJECT」。

たとえば、ハーレーダビッドソンの本社があるアメリカ・ミルウォーキーには「ハーレーダビッドソンミュージアム」がありまして、そこには1980年代にポルシェと共同開発していた水冷V型4気筒エンジン搭載の「NOVA PROJECT」っていうモデルのモックアップが展示されています。

画像1: たとえばハーレーのV4とか……

現在のハーレーはすべてVツインですが、V4モデルも誕生する寸前だったようです。想像すると、ワクワクせずにはいられません。

画像2: たとえばハーレーのV4とか……

しかし先日、普段はまず見ることのできない、たいへん貴重な車両を目の当たりにすることができました。メーカーはカワサキです!! 神戸にある「カワサキワールド」には何度か行ったことがありますが、そこでは見たことがありません。

※もしかしたら、最近あるいは今後展示されるのかも。情報求む!!

画像: エンジンはこんな変わったカタチです。

エンジンはこんな変わったカタチです。

さて、なんでしょう? カワサキでプロトタイプのまま市販化に至らなかったモデルで、ファンらの間で知られているのは「開発コード=0280 “タルタルステーキ”」。これは「Z1 900SUPER FOUR」の“ニューヨークステーキ”に対してのニックネームでして、そのネーミングから個性が強いのがわかります。

70年代前半に開発が進み、エンジンレイアウトは4気筒を正方形に配置する水冷スクエア4。スズキがGPマシンに用いて「RG500ガンマ」「RG400ガンマ」(1985年)で市販化したことで知られています。ですが、見たのはこれではありません!!(コッチもいつか見たい)

ロータリーエンジン搭載の「X-99」!!

画像: ロータリーエンジン搭載の「X-99」!!

その名も「X-99」。“エックス”しかも“99”って、もう車名からして謎めいているではありませんか。なんと、心臓部はロータリーエンジン。これまた市販化したのは、国産ではスズキだけで1974年に「RE-5」を発売しています。まずは今回、チラ見せ。

画像: ロータリーエンジン搭載の市販車 スズキ RE-5

ロータリーエンジン搭載の市販車 スズキ RE-5

続く。。。

画像: X-99 Prototype Rotary Engine KAWASAKI -1975 / オイルショックを機に開発中断の幻のロータリーエンジン搭載マシン!!【カワサキ】 www.youtube.com

X-99 Prototype Rotary Engine KAWASAKI -1975 / オイルショックを機に開発中断の幻のロータリーエンジン搭載マシン!!【カワサキ】

www.youtube.com

文:青木タカオ/画像提供:カワサキモータースジャパン

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.