タムロンはフルサイズソニーEマウント用の大口径F2.8通しの超広角ズームレンズ「17-28mm F/2.8 Di III RXD(Model A046)」を発表した。発売は2019年7月25日。価格は12万5000円(税別)。

この17-28mm F/2.8 Di III RXDはズーム全域F2.8と大口径で、ワイド端17mmと超広角ながらフィルター径67mm、重さも420gと軽量コンパクトに仕上がっている。レンズマウントはソニーEマウントでフルサイズセンサーに対応している。レンズ構成は11群13枚で非球面レンズ3枚に加え、LDレンズ2枚、XLDレンズを1枚使用し、色収差をはじめとした諸収差を効率よく抑制しているという。またBBARコーティングの採用でゴースト・フレアの発生も低減させている。最短撮影距離は19cmと近接撮影能力も高い(テレ端では26cm)。AF駆動にはステッピングモーターユニットRXDを採用し、高速かつ精密なAF動作を実現している。また静粛性にも優れているため動画撮影時にも有効という。またファストハイブリッドAFや瞳AF、ダイレクトマニュアルフォーカス、さらにカメラ内レンズ補正、カメラによるレンズ本体のファームウェアアップデートにも対応している。28-75mm F/2.8 Di III RXDと組み合わせることで超広角から中望遠までF2.8通しでカバーでき、2本合わせても970gで携帯性に優れている。
実写レポートは月刊カメラマン8月号に掲載予定!

画像: 17-28mm F/2.8 Di III RXD(Model A046)

17-28mm F/2.8 Di III RXD(Model A046)

画像: 17-28mm F/2.8 Di III RXD(Model A046)のレンズ構成図

17-28mm F/2.8 Di III RXD(Model A046)のレンズ構成図

17-28mm F/2.8 Di III RXD(Model A046)

●焦点距離:17-28mm
●レンズ構成:11群13枚
●最小絞り:F22
●最短撮影距離:19cm(ワイド端)/26cm(テレ端)
●最大撮影倍率:0.19倍(ワイド端)/0.16倍(テレ端)
●画角:103°41′-75°23′
●フィルター径:ø67mm
●大きさ:φ73×99mm
●重さ:420g

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.