2019年6月25日、フェラーリF8トリブートが東京でジャパンプレミア(日本初公開)された。まずは、ディテールを写真で見ていこう。

フェラーリ史上、もっともパワフルなV8エンジンを搭載

フェラーリF8トリブートは、488GTBの後継モデルだ。その車名には、308GTBやF40などオリジナルのV8フェラーリの妥協なきエンジンレイアウトとパワーへのオマージュが込められている。

ミッドシップ搭載される3.9LのV8ツインターボは、720psと770Nmを発生。ターボラグなしに最高出力を発揮し、刺激的なエクゾーストサウンドを奏でる。

ボディはフェラーリ・スタイリングセンターでデザインされ、フロントのSーダクトやリアのブロウン・スポイラーなどの最新エアロデバイスの採用により、大げさなエアロパーツを装着することなく、空力効率を488GTBより10%向上させている。

最新バージョンのサイドスリップアングル・コントロールシステムも搭載し、トップレベルのパフォーマンスと抜群のコントロール性能を備えたF8トリブート。

ドライバー重視のクラシックなコクピットデザインだが、インターフェースをはじめキャビン環境は大幅に向上している。

フェラーリ F8トリブート 主要諸元

●全長×全幅×全高:4611×1979×1206mm
●ホイールベース:2650mm
●重量:1435kg(軽量オプション装着車)
●エンジン種類:V8 DOHCツインターボ
●排気量:3902cc
●最高出力:720ps/7000rpm
●最大トルク:770Nm/3250rpm
●トランスミッション:7速DCT
●タイヤ:前245/35ZR20、後305/30ZR20
●駆動方式:縦置きミッドシップRWD
●車両価格(税込):3245万円

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.