Photos by Getty Images Albert L. Ortega/Getty Images Dave J Hogan/ Getty Images Image Group LA/ Getty Images
「アベンジャーズ/エンドゲーム」でアベンジャーズが終焉を迎え、これでマーベル映画はもう終わり?と思っている人も多いかも。いえいえ、そうではありません。2020年から新たなラインナップがスタート、ますます熱く盛り上がるのです。一体どんなことになるのか!?杉山すぴ豊さんがズバリ大予想してくれました。

【PROFILE】杉山すぴ豊 SUGIYAMA SUPI YUTAKA
アメコミ系映画ライター。雑誌や劇場パンフレットなどにコラムを執筆。アメコミ映画のイベントなどではトークショーも。大手広告会社のシニア・エグゼクティブ・ディレクターとしてアメコミ映画のキャンペーンも手がける。

まずは状況を整理!MCUは今後こうなる!

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)のこれからを予想するためには、まず状況を整理しておかなければなりません。

1.MCUのフェイズ3は「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」で終了します。

2.マーベルの親会社であるディズニーは、現段階でタイトルを伏せながらも、2020年から2022年にかけて8本のマーベル映画を公開するとアナウンスしました。

3.フェイズ4のラインナップはこの夏発表される模様です。

4.ディズニーの20世紀フォックス買収に伴い、今後のMCUにX-MEN、ファンタスティック・フォーのキャラクターが登場する可能性が出てきました。

5.ディズニーの新しい配信サービス〈ディズニー・プラス〉でMCUキャラクターを主人公に(しかも映画版のキャストが続投!)したドラマ・シリーズが配信されます。

これらを頭に入れつつ、関係者のコメントやネットで噂されていることを拾いながら“MCUは今後こうなる!”を考えてみます。

ブラック・ウィドウの過去の物語が描かれる!?

現段階で製作がアナウンスされているのが、「ブラック・ウィドウ」のソロ映画、新キャラクターたちが登場の「ジ・エターナルズ」、カンフー・ヒーロー「シャン・チー」。続編ものでは「ドクター・ストレンジ」第2弾、「ブラックパンサー」第2弾、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」第3弾といったところです。)

ブラック・ウィドウの単独映画。スカーレット・ヨハンソンが主演するのか?
それとも別のキャストで若き日が描かれるのか?

「ブラック・ウィドウ」で注目すべきは、「エンドゲーム」での彼女の運命を考えた時に、本作がブラック・ウィドウの過去の活躍を描く前日譚的な内容か、それとも別次元(パラレル・ワールド)の話なのか?前者の可能性が高いと思われますが、だとすれば「エンドゲーム」でも言及されていた、彼女とホークアイが出会うきっかけとなった“ブダペストの事件”、つまりアベンジャーズ参加前のエピソードが描かれるのではないでしょうか。

彼女はキャプテン・アメリカの映画でも重要な役割を演じているので、「キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー」「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」前後の活躍を描く可能性もありますね。

さまざまな作品とリンクしそうな「ジ・エターナルズ」

アンジェリーナ・ジョリーの出演も噂されている新作「ジ・エターナルズ」。コミックでは、宇宙の超存在である“セレスティアルズ”が作り出したのが“エターナルズ”と呼ばれる超人たちです。実はサノスも“エターナルズ”なんですよ。

“超人”たちが活躍する『ジ・エターナルズ』への出演が噂されているアンジェリーナ・ジョリー

さらに言えば「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」のスター・ロードの父エゴは“セレスティアルズ”の一人でしたから、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」第3弾とリンクしていく可能性もあります。そのうえ、X-MENのようなミュータントが生まれたのも“セレスティアルズ”によるものという設定もあるので、X-MENをMCUに登場させるための布石になるのかもしれません。

こちらがコミック『ジ・エターナルズ』の表紙

ちょっとビックリだったのが「シャン・チー」。マーベルがブルース・リーに触発され70年代にデビューさせたアジア系の格闘ヒーローです。同じ格闘ヒーロー系なら、ネットフリックスでドラマになった“アイアン・フィスト”の映画版がいいと思っていたのですが、「ブラックパンサー」が黒人層の動員に寄与し大ヒットとなったので、どうやらアジア系アメリカ人の獲得を狙ってでシャン・チーの映画化に踏み切ったと思われます。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.