2019年6月27日、プジョー・シトロエン・ジャポンはプジョー ブランドのフラッグシップ、新型 508SWの発売を開始した。

サルーンに続き、センセーショナルなデビュー

「サルーンの概念をすべて変える」をテーマに、2019年3月に日本デビューを果たしたプジョー 508。その登場時に予告されていた、ワゴン版の508SWも日本にやって来た。

画像: 外寸とホイールベースはハッチバックとまったく変わらない。

外寸とホイールベースはハッチバックとまったく変わらない。

508のスタイリングテイストはそのままに、リアオーバーハングを4cm延長し、さらに伸びやかなSWならではのデザイン性とユーティリティが加わった。

SW化によってリアシートのヘッドクリアランスはファストバックに比べ約4cmのゆとりが生まれ、後席の居住性とロー&ワイドなスタイリングとの融合はさらなる高みに到達している。また、ラゲッジスペースはフル乗車時で530L、リアシートをたためば1780Lという大容量を誇る。

インテリアは基本的に508ファストバックと変わらない。小径ステアリングと12.3インチのヘッドアップディスプレイ、中央のタッチスクリーン下にトグルスイッチを配したプジョー i-コクピットは操作性に優れている。タッチスクリーンはスマートフォンに接続可能だ。

画像: リアシートバックを倒した状態のラゲッジスペースは、ファストバックより243Lも広い1780L。

リアシートバックを倒した状態のラゲッジスペースは、ファストバックより243Lも広い1780L。

日本仕様のパワートレーンは、1.6Lの直4ガソリンターボと2.0Lの直4ディーゼルターボ。ミッションは、いずれも8速AT。グループPSAの主力プラットフォームEMP2にアクティブサスとリアマルチリンクサスを組み合わせ、プジョーらしいしなやかな乗り心地とダイナミックなハンドリングをもたらしている。

第2世代のアクティブセーフティブレーキ(PSA初)、アクティブクルーズコントロール(ストップ&ゴー機能付き)、レーンポジショニングアシスト(プジョー初)、インテリジェントハイビームといった先進運転支援機能も装備。フルパークアシスト&360度ビジョン(オプション:プジョー初)、フルLEDヘッドライト、ハンズフリー電動テールゲートといった快適装備も設定されている。

画像: インテリアは基本的にファストバックと変わらないが、リアシートのスペースは広い。

インテリアは基本的にファストバックと変わらないが、リアシートのスペースは広い。

車両価格(税込)は、1.6Lガソリンターボのアリュールが442万円、GTラインが484万円。2.0LディーゼルターボのGT ブルーHDiが517万円。

日本ではDセグメントのステーションワゴンはジャーマン3(メルセデスCクラス・ワゴン、BMW 3シリーズ・ツーリング、アウディ A4アバント)に占められているが、ライバルより低めの価格設定で安全&快適装備が充実した508SWの今後が楽しみだ。

画像: GTグレードはハンズフリー電動テールゲートを標準装備。

GTグレードはハンズフリー電動テールゲートを標準装備。

508SW GT ブルーHDi 主要諸元

●全長×全幅×全高:4750×1860×1420mm
●ホイールベース:2800mm
●重量:1630kg
●エンジン種類:直4 DOHCディーゼルターボ
●排気量:1997cc
●最高出力:130kW(177ps)/3750rpm
●最大トルク:400Nm/2000rpm
●トランスミッション:8速AT
●タイヤ:235/45ZR18
●車両価格(税込):517万円

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.