国内では絶滅危惧種化している4ドアセダンだが、海外に目を向けるとまだまだ健在だ。そこで、日本では販売されていないが、日本メーカーが海外向けに力を入れているセダンを何台か紹介してみたい。今回は、日産のマキシマだ。

日産 マキシマ(販売地域:北米など)

画像: 前回紹介したアルティマとサイズは同じくらいで、スタイリングも似ている。

前回紹介したアルティマとサイズは同じくらいで、スタイリングも似ている。

1981年に910型ブルーバードをベースとして生まれた高級車が「ダットサン 810マキシマ」。日本でも2代目は「ブルーバードマキシマ」の名で、3代目は3ナンバーセダンのマキシマとして販売されていた。

画像: 全長は約4.9m、ホイールベースは約2.8mと、アメリカではミドルサイズ・セダンにあたる。

全長は約4.9m、ホイールベースは約2.8mと、アメリカではミドルサイズ・セダンにあたる。

前回紹介したアルティマと同様、FFのDセグメント・セダンでボディサイズも同等だが、マキシマは1クラス上で日産ブランドのフラッグシップ・モデルとされる。

現行モデルは2015年のニューヨークショーでデビューした8代目で、クーペ風スタイルの4ドア・スポーツカーを名乗っている。

画像: 北米日産のフラッグシップらしい、上質なインテリア。

北米日産のフラッグシップらしい、上質なインテリア。

高いボディ剛性による俊敏なハンドリングや、300psを発生する3.5LのエンジンにエクストロニックCVTを組み合わせるなど、パフォーマンスも高い。2019年には大幅改良され、日産自慢のADAS(先進安全技術)もフル採用されている。

画像: 先代モデルより軽量化が図られながら、ボディ剛性はアップしている。

先代モデルより軽量化が図られながら、ボディ剛性はアップしている。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.