インドのスラムで生まれ育ち、ラップによって人生を変えた青年の実話を基にしたサクセスストーリー『ガリーボーイ』が、2019年10月18日(金)より全国公開されることが決定した。

ハリウッドスター、ウィル・スミスも自身のインスタで絶賛のコメント

本作は、インドで活躍するアーティスト Naezy の人生を基にした驚きの実話映画。2019年公開のインド映画世界興収第二位を記録し、米映画批評サイトのロッテントマトでも異例の高評価を獲得している。

主人公はインドのムンバイにあるスラム出身のムラド(ランヴィール・シン)。雇われ運転手の父を持つ貧しい家の青年だ。両親はムラドが今の暮らしから抜け出し成功できるよう、彼を大学に通わせる為に一生懸命に働いていた。しかしムラドは、親の想いを知る由も無く、地元の悪友とつるみ、親に内緒で身分の違う裕福な家庭の恋人と交際していた。

俺の人生はこの先も変わらない…そう思っていたムラドだが、ある日大学構内でフリースタイルラップのパフォーマンスをしていた学生 MC Sher(シッダーント・チャトゥルヴェーディー)と出会い、ラップの世界にのめり込んでいく。そして親からの反対、友情、恋、様々な経験をしながら、フリースタイルラップの大会で優勝を目指す。

主演は Facebook だけで900万のフォロワーを誇るインド映画界の大スター、ランヴィール・シン。北インド界の実力派女性監督ゾーヤー・アクタルがメガホンをとり、プロデューサーには US ヒップホップ史に燦然と輝くラッパーNASが名を連ねている。

本作の見所でもある圧巻のラップシーンが収められた本国版の予告編+MV のネット動画再生回数は驚異の 1.1 億回を超え、さらには現在大ヒット上映中の『アラジン』でのジーニー役が記憶に新しいハリウッドスター、ウィル・スミスも自身のインスタで「ランヴィール・シンのガリーボーイは最高! ここには真のヒップホップがある。ガリーボーイ大好きだ!」と大絶賛している。

物語の背景にはインドが抱える格差、宗教的差別、抑圧された社会から解放されたいと願ういまを生きる若者の姿が描かれ、どうしようもない現実に真っ向から立ち向かう姿に胸を打たれる。本音をラップにのせて、スラムを飛び出し世界に発信していく“ガリーボーイ”。観る者の心を揺さぶる魂のラップが世界中で話題を呼んだ感動作がいよいよ日本上陸する。

ガリーボーイ
2019年10/18(金)より 新宿ピカデリー他にて全国公開
配給:ツイン

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.