2019年6月24日、BMWの最上級ラグジュアリーSAV(スポーツ・アクティビティ・ビークル)として「X7」が発表された。まずはディテールを発表会場の写真で見ていこう。

存在感のあるデザインに、上質な乗り心地と最新の運転支援機能をプラス

SAVとSACからなるBMWのXシリーズ第7弾として、最上級ラグジュアリーSAVのX7が日本デビューを果たした。これでXシリーズはX1からX7まで勢揃いした。

全長5165×全幅2000×全高1835mmという、存在感あふれるX7のサイズは、BMW最大のモデルとなる。ホイールベースは3105mm。縦型の大きなキドニーグリルも特徴的だ。

日本仕様のパワートレーンは、直6の3Lターボディーゼルと、4.4LのV8ガソリンツインターボ。
4輪アダプティブ・エアサスペンションやエグゼクティブドライブ・プロなどによって、空を飛んでいるかのような滑らかな乗り心地を実現している。

全グレードで3列シートを採用し、メリノレザーやクリスタルのセレクトレバー&スタート/ストップボタンなど、豪華な装備に加え、最新の運転支援機能を装備。

今回、同時にマイナーチェンジした7シリーズやクーペの8シリーズとともに、BMWの最上級ラグジュアリーのバリエーションを拡大した。

BMW X7 xDrive35d デザイン・ピュア・エクセレンス 主要諸元

●全長×全幅×全高:5165×2000×1835mm
●ホイールベース:3105mm
●重量:2420kg
●エンジン種類:直6 DOHCディーゼルターボ
●排気量:2992cc
●最高出力:195kW(265ps)/4000rpm
●最大トルク:620Nm(63.2kgm)/2000-2500rpm
●トランスミッション:8速AT
●タイヤ:285/45R21
●車両価格:1206万円(税8%)/1229万円(税10%)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.